フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 【お知らせ】私事ですが…いろいろありましたので、ご説明を(^_^;) | トップページ | 手術終わりました\(^o^)/ »

2017年11月16日 (木)

ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(2)

Blog_1711161_2 病室は11階。南面で昼間は暖かい。景色がいいねぇ。夜景もキレイだけど、夕焼けから暗くなりつつある街も、とてもキレイです。

明日は手術。ということで、昨日から絶食です。点滴のおかげでおもったより空腹感はありません。飴が許されているので、そのおかげかもしれませんが。

Blog_1711162_2 それにしても、「遠州病院」というところに入院してますが、まー、びっくりするぐらい入院が快適です。ホテルみたい。タクシーで来たんだけど、着いたとたん、トランクから荷物どんどん出して、持ってくれながら、受付まで案内してくれるし、受付は、やっぱり荷物持って、病棟まで案内してくれるし。LAN環境があって携帯OKな個室をとったんだけど、個室っていったって、再安の6500円なのに、広い、Blog_1711163_2 きれい、シャワー、トイレ完備。毎日、シャワーできるとは思わなかった。しかも、冷蔵庫つきだけど、4人部屋でも、ひとりずつについているらしい(未確認)。浜松の人、入院するなら遠州病院がいいよhappy01 私も正直、ちょっとなめてたけど。

さてさて、猫の話だ!

以前、ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(1)という記事を掲載しました。炭水化物が30%以上って多くないかと。そして、動物性蛋白質の量は少ないんじゃないかと。だって、猫は完全肉食動物じゃんって。

ざっと書くと、そういう記事です。

どこかの機関が猫の推奨栄養摂取量を打ち出していても、それ本当かな~??フードメーカーへの忖度があるんじゃないの??とか疑ってしまう。まあ、この疑いが、市販のドライフードへの不信となっているのですが…。

このフード問題、いろいろ調べて、自分なりに、市販のドライフードに、プラス毎日猫缶の半分もしくはレトルト肉などのウェットフードがいい…というのを結論にしてました。

ところが、オーナーさんが、(たぶんお金持ち)牛生肉を毎日50g食べさせたところ、なんと血液検査でリンが高いと言われてしまいましたshock まあ、そりゃそうだ。肉は加熱すると40%ぐらいはリンが減少するけど、生肉じゃそのままだし、リンはカルシウムを一緒にとらないと排出されないし。私は、骨も内臓も一緒にミンチされている「まるごとうずら」っていうのもあるよ…とお話ししたのだけれど、食べない→牛生肉なら喜んで食べた、となったらしい。私もうっかりでしたbearing

以来、いろいろまた調べているけど、どうにも納得できない。

ネットの情報は錯そうしてます。高たんぱく低炭水化物がいいと主張しているフードもあるし、いや高たんぱくは腎臓に悪いと主張するサイトもあり、いやいや高たんぱく腎臓リスク説は根拠がないと研究でわかったというところもあります。

また、実は猫は炭水化物を消化する能力が高いとするサイトもみつけました(→こちら)要約すると、グリコーゲンの合成を促進する酵素であるグリコキナーゼが猫は極端に少ないから、炭水化物の消化が苦手とされてきたが、実はもうひとつ糖質を代謝する酵素があり、ヘキソキナーゼというのだが、猫は犬よりもこの活性が高いのだそうだ。完全肉食動物だが、実は炭水化物も問題なく代謝できるということだそうだ。

なんだか、もうわけがわからなくなってきたcoldsweats02

一方で、レトルトがなかなか高いので、最近、目をつけたのがアニウェルの「○○のボイル」缶。犬用なので、猫に必要なタウリンとか入っていないけど、逆に肉のみなので、犬の缶詰に多い野菜とか米など余分なものもいっさい入っていない。そして安いlovely

特に「鶏レバーのボイル」が鉄分、葉酸が多くていいぞ!と思ったのだけど、猫にレバーは厳禁!とするサイトの多いことsad 脂溶性ビタミンであるビタミンAとかDが身体に蓄積されるので過剰になりやすいから、というのが理由。ビタミンAの過剰は、頭痛、嘔吐、骨の変形などの症状がでるとのこと。なかには、それでもメリットが大きいので、必ず加熱調理して、1週間に1度だけ与えるのがいいとしているサイトもありました。

ところが、このレバー禁止説も反論されています(→こちら)猫のビタミンA摂取基準の250倍を10ヶ月与え続けても、特にどうということはなかったというのだ。ちょっと、待てsign01じゃあ、「摂取基準」とは何なんだsign02

これほど情報が錯綜しているのは、「たかが猫」なのだからかな。その「たかが」を宝物にしている人間にとっては、悩ましいことです(;ω;)

大事なのは、いろいろな情報を、ひとつの側面だけでとらえず、なるべく多くの情報を集め、ひとつのサイトだけを信じることなく、ひとりの獣医など専門家だけを盲信せず(私の言うことも含めてbleah)、自分で判断することかな。

« 【お知らせ】私事ですが…いろいろありましたので、ご説明を(^_^;) | トップページ | 手術終わりました\(^o^)/ »