フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 山をひとつ越えました。…が、まだまだです | トップページ | ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(2) »

2017年11月15日 (水)

【お知らせ】私事ですが…いろいろありましたので、ご説明を(^_^;)

Blog_1711151まあ、まずは、この画像で癒されてcatface

浜松駅の新幹線ホームから降りてきて、改札へのエスカレーターの前にあるヤマハの展示ブースの写真です。なんて、幸せそうな表情で寝てるの?でも、まさか剥製sign02 通る人が、同じ思いか、立ち止まって、目を凝らして見ています。見てもわからないから、その場でスマホで調べたら、つくりものだそうです。なんか、ほっとしました。でも、当たり前か(笑)

展示の詳細は、こちらで。浜松駅のこの場所には、2つの展示ブースがあって、ヤマハ、スズキ、カワイ楽器の3社が一年交代で展示してます。で、今年の7月からヤマハの展示になりました。

過去、今回のこの展示ほど、足早に通る人の足をとめるほどに心をうつものがあったかしら?なぜかはわからないけど、見ていると幸せな気分になります。こういうのも「感動」のひとつなんでしょうね。私も、人に感動を与えるようなノルをつくりたいって、思いますhappy01

さて、ホームページもブログもとまって久しく(別に珍しいこっちゃねーよ、と思っている人も多々おられますが)、なにやっとんじゃいと怒られそうですが、聞けば、呪われてるのかいって、誰しも思う状況になっていました。

まずは、そもそも障害者の夫が転んで骨折。以来、リハビリも含めて、いまだに入院中です。次いで、同居の義母が介護が必要な状態になり、でも回復して手がかからなくなったと思った矢先の9月にベッドに座っただけで、大腿骨骨折。こちらも、いまだ入院中。二人が、そろそろ退院の話がでてきたころ、とどめは、私自身が入院そして手術ですよ。しかも、癌。ステージⅢbだって。「ガーンsign01」…これやると、みんなに怒られますがcoldsweats01 医者にも、「あんたねー!癌なんだから、気楽に考えちゃダメだよsign03」って、こっぴどく怒られましたsad

だけどねー。なるようにしかならないんだから、心配だの、まして深刻になったってしょうがない。なんの利益もない。とにかく、留守中の猫の世話の手配や、子猫預かってもらったり、投薬している子を預かってもらったり、入院させたり、クラブの仕事も残ってたし。まー、癌の心配より、そのほうがよっぽど大変でした。3日徹夜しました。腫瘍からの出血があるので貧血だし、体重激減のためか栄養不良もあり、身体もしんどかったsad あー、だから、時々、動けなくなっていたのね…って、気付くの遅いわsign01

でも、ありがたいことに、ドリママさん、リトルミューさん、猫を預かってくれています。本当に感謝です。特にドリママさん、投薬が必要な子のために、朝晩、通ってくれています。ごめんなさいsweat01そして、ありがとうございますm(__)m

この月曜日から入院して、明後日手術です。術後、10~14日で退院ということになっています。主人と義母は、病院を退院後は、しばらく施設入所でしのぎ、その間、私は静養することになっています。

病室にPC持ち込んで、いま投稿記事をつくっていますが、家にいたら猫の世話で一日の大半を使うので、考えてみたら、入院中が一番仕事がはかどります。それで、ホームページとブログを更新できそうです。このあと、ホームページも更新しますね。

そんな感じで、17日の手術までは電話もOKなんで、オーナーさんも猫のことで困りごとがあれば、ご遠慮なく、お電話下さい。ただ、手術当日、翌日ぐらいまではICUで寝てることになるので、その間は連絡不可です。メール入れといてくださいね。個室に戻ったら、またブログで報告します。

そして、一頭、ちょっと事情があり、普通に募集できない子がいますので、ここで里親さんを募ります。
Blog_17111527月10日生まれの女の子です。入院前のバタバタの最中に、慌てて撮影したので、シャンプーもできず、よれよれwobbly

カラーはブラウン・マッカレルトービー&ホワイト。いわゆる縞三毛です。

いったんは繁殖する方に決まったのですが、臍ヘルニアが出てしまい、繁殖不可になったので、ペットで募集することにしましたが、前述の事情で、サイトが更新できないまま、決まらないでいました。しかも、風邪をひかせてしまい、目のうるうるが後遺症で残ってしまいましたweep そのような事情なので、もしも、気にいってくださる方がいれば、手数料のみでお譲りしようと思います。【お問い合わせフォーム】

うるうるは、特に目薬も必要ありません。臍ヘルニアは、避妊手術で麻酔したときに、一緒に整腹すれば大丈夫です。

正直、ずっと家族や自分のことで忙殺されて、猫のこと細やかにできなかった結果です。いっぱいいっぱいでしたsad 大人しくて優しい子です。どうか、心優しい方に巡り合いますようにconfident

Blog_1711153 もう一頭、募集中の子猫がいます。こちらは普通にサイトで募集しますね。コッパーくんとゼノちゃんの一人息子です。いま現在は、サイトにのっていない両親です。コッパーくんは、なんとアイスランドからお迎えしました。ゼノちゃんは、ウェンディの娘で、ギルガメッシュと同じ組み合わせ。子猫は、ブラウン・クラシックタビー&ホワイトの男の子です。とても気に入ったのですが、この子もショーには不向きな点がでてきてしまい、泣く泣く募集することにしました。まあ、こんな状況なので、猫は増やすなという神様のお達しかしらね。

ということで、子猫をお迎えしたい方は、是非、ご検討ください。

私は、もちろん生還するつもりですし、しぶとく繁殖も続けます。ますます、頑張るので、今後もよろしくですhappy01




« 山をひとつ越えました。…が、まだまだです | トップページ | ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(2) »

子猫情報」カテゴリの記事