フォト

リンク

無料ブログはココログ

« ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(2) | トップページ | おすすめ。マイトマックススーパー »

2017年11月22日 (水)

手術終わりました\(^o^)/

Blog_1711221_3 のっけから、動画のご紹介。感動するから見てみてください。手術後、あまり動けないでいた間、ずっとスマホで動画をみて過ごしていました。みなさんにもご紹介したいものがいくつもあり、これもそのひとつ。

17日金曜日、無事手術が終わり、昨日、やっと個室に戻ってきました。

手術は5時間の予定でしたが、検査などで予想されていたより大変だったらしく7時間もかかってしまったようです。開腹手術に切り替えるかもといわれていましたが、それでも腹腔鏡でできたので、ちょっと早く退院できるかな~??と根拠の薄い期待をしていますcatface

手術後→ICU→管理個室の間、辛かったですweep 身体のあちこちから管がでていて、痛いし、吐き気はするし、ご飯はおとといから始まったのですが、この大食漢が「別にいらん」と思うほど、食欲はなかったです。昨日の昼から3分粥になり、おかずがついてきましたが、なぜかいきなりの大量飯coldsweats02 残すということが嫌いなんで、どうしても挑戦してしまいます。いまのところ、ご飯は全て完食。お医者さん、看護士さん、お見舞いに来てくださる方みなさんに驚かれるほど元気です。「ちゃんと痛いんですか?」なんて、おちゃめな担当のお医者さんが聞いてきたり…coldsweats02 痛いですよ。笑うと痛いんだから笑わさんでくれcoldsweats01

冒頭の動画、感動しましたか?過酷な生涯を送る盲導犬ですが、45日から1歳までの一番可愛い時期を預かったパピーウォーカー(盲導犬ボランティア)さんのお宅が余生をうちで、と引き取るというお話です。11年もたっていたのに、名前を呼ばれたら、嬉しそうに走り出した姿をみて、誰しも「覚えていたんだーsign01」と叫んでしまうと思います。犬も、もちろん猫も、人とは感じ方が当然違っていても、人と同じく、喜びも悲しみも、寂しさも、再会の嬉しさも、ちゃんと、とても感性豊かに感じる生き物なんだと、あらためて思う動画です。

Blog_1711222 さあ次です。実は、こちらこそが見ていただきたかった動画です。ちょっと、覚悟がいりますよ。私も、体調のいいときでないとみることはできない動画です。でも、ペットを飼う方全員に、どうしても見ていただきたい動画です。

こんなこと言う必要もないことですが、犬のお話であっても猫も同じですよ。猫だから感情が希薄ということはありませんからね。感情の表現が犬とは違うだけです。

以前、動物病院で待っていたら、引越しをするからと老犬を獣医に渡して、泣きながら帰って行った人がいました。意味がわからなかったのですが、安楽死を依頼したということでした。その犬の死因は、飼い主の引越しでした…という動画もありましたねぇ…。

事情はあれども、命と引越しを秤にかけることができることに理解も共感もできないです。知性に欠けているとさえ思ってします。

今回、手術、入院するにあたって、大量の猫の世話をどうするか苦慮しましたが、家政婦さんをお願いして、あとDorry Mamaさんのフォローで、なんとか2週間をのりきろうとしています。
でも、猫が嫌いだという知人夫婦は、入院前、「猫をやめろ」と説得に来ました。やめろって、保健所にでも持って行けとでも??と聞けば、あたりまえだろ、と。普通、そうすると。

これが一般の方の考え方なら、どんなに多くの人が殺処分ゼロを願っても、願いがかなうことはない。だって、この知人ご夫婦も犬を飼いたいって言ってたから。可愛い子犬を飼って、でも、自分の都合で飼育がムリと判断したら、殺処分。だって、「あたりまえ」だから。

そうかいそうかい。いいよ。そう考えても。でも、そう考える人は、絶対にいきものを飼わないで。そんな人に選ばれた子が可哀想だ。選ばれたがために悲惨です。

引越しで安楽死されたわんちゃん。死因は「飼い主の引越し」なら、飼い主によって殺されたって、ことですね。

自分の都合で保健所あたりまえと思う方。殺すために飼うのかとは思わないけど、殺すことになるかもしれないんだから、どうぞ飼わないで。

まわりで、犬を飼おうか、猫を飼おうかと言っている人がいたら、是非是非、この動画をみてもらってください。

本当に、最も酷いのは、命をないがしろにできる人がペットを飼うことです。

« ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(2) | トップページ | おすすめ。マイトマックススーパー »

飼育に関する知識・情報」カテゴリの記事