フォト

リンク

無料ブログはココログ

子猫情報

2018年5月21日 (月)

子猫たくさん産まれてます。そして、お知らせ

Blog_1805211 うちは毎年、ツバメが巣をつくるものの、雛が育つのは結構遅く、夏も始まる頃だったりします。
ツバメが巣をつくる家は安泰とも聞いているので、ツバメ大歓迎なのですが、今年も来たなと思うと静かになったり、なぜなんだろうと思っていたら、ある日、巣の下に割れた卵がcoldsweats02 たとえ卵でも、いくつもの命が失われたことに、なんだか落ち込んでしまいます。

かと思っていると、また巣作りが始まりほっとしていた矢先、今度はカラスが大騒ぎしていたので、思わず追い払うと、また割れた卵と、今度はおびただしい羽根の残骸。カラスに巣を壊され、卵を抱いていたツバメが捕食されたのかもしれませんcrying

ツバメが居つかないわけがわかりました。カラスのせいだったんですね。
カラスも生きるのに必死。捕食は必然。…なのはわかっていても、依怙贔屓しちゃいますねぇ。カラスが巣を襲わないいい方法はないものかしら。

そんなこんなで、半年の抗がん治療もあと1クールとなりました。だんだん蓄積するのか副作用がなかなかキツく、寝込む日もあります。明日、最後の1クールのための通院です。あと一回、頑張ります。

さて、ひとつお知らせです。所属しているキャットクラブのキャットショーが7月7日に東京でBlog_1805212 開催されます。お近くの方で、この機会にキャットショーを体験してみたい方、是非、ご参加ください。今度は、前回のファーストショーとは一転、かなりの低予算キャットショーです。それでも精一杯、楽しいショーにしたいと思っています。→詳しくはこちら

いま、子猫がたくさん産まれています。総勢9頭。是非、お問い合わせください。ホームページも間もなく更新します。

Blog_1805213_2 Blog_1805214_4 ちょっと面白いおもちゃを入手しました。まるっきり本物のサンマに見えますが、これ猫のおもちゃです。全長20cmなので、子猫用のキッカーです。大人も転がすのにいいサイズみたいで、よく遊んでくれますよ。これで子猫が遊んでいる図はなんだかおもしろいです。子猫のオーナーさんのお土産におつけしますね。

Blog_1805215_2 そして、最後にお知らせです。実は、エンディミオンを去勢しました。なので、My Catsの頁からエンディミオンの紹介を削除してあります。

大病して少しでも身体の負荷を減らすため、当面、少しキャッテリーを縮小し、繁殖数を減らす必要に迫られています。交配しなければいいのですが、そうすると、避妊手術しないと猫が可哀想です。病気のリスクも増えます。お金もかかるので少しずつですが、徐々に去勢避妊していくつもりです。

Blog_1805216 Blog_1805217 また、繁殖数を減らすためには、発情がきても交配できないことが多く、子宮蓄膿のリスクが増えます。そのため、若い女の子2頭を他のキャッテリーさんに譲渡することになりました。ルチルとサマンサです。甘えん坊の可愛い2頭ですが、猫の数が増えすぎた我が家にいて、あまりかまってももらえず、交配もロクにできないよりは、小さなキャッテリーさんで可愛がられて暮らすほうがよほど幸せと判断しました。そういうわけで、My Catsの頁は少しメンバーが減っています。

もちろん、今後も活動は続けていきます。いい猫をつくるため、あらたなメンバーも少しだけ加わる可能性もあります。キャッテリーを頑張って続きていきますので、今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。

2018年4月 6日 (金)

いい季節になりました…が、フード問題は続く

Blog_1804061 Blog_1804062_3 桜は満開時期を過ぎましたが、いい季節ですね~confident あまりに気持ちいいので、近所の浜松市緑化推進センター、通称「飯田公園」に散歩に行ってきました。そんなことしてる暇あったら、早くアルバム寄こせという声も聞こえてきそうですが、すみません。お許しをcoldsweats01 近くのミニストップでおやつを買って、公園のベンチに座って、しばしなごんでおりました。桜が風に散って、ときどき桜の花びらが舞い、1時間ぐらいのことですが、なんとも美しい午後を過ごしましたよ。

抗癌剤治療も中盤を過ぎましたが、ここにきて、また調子が悪くなり、医師にお願いして、一週間のお休みをもらいました。なかなか順調とはいかないものですね、何事も。

6月に欠品していたニュートロのブリーダーパックが解除になるとのことですが、注文殺到のうえ、すぐに欠品になりそうですな。もう、うんざりです。信用もおけないし。まだまだ、ニュートロの代わりになるフードを探しています。そこそこ品質もよく、コスパがいいものでないと続けていけない。難しいです。

前回の記事を読んでくださった方から、カナガンやモグニャンがラクマとかメルカリでも買えますよという情報をいただきました。ご親切な方です。

そして、高たんぱくフードによって具合が悪くなった猫ちゃんもいたとの情報も。結局、すべての猫にあうフードはないのかもしれませんね。かかっていた獣医さんは、高たんぱくフードに否定的なようですが、多くのブリーダーが通う、ある獣医さんは「生肉を食わせろ」とキャットクラブの獣医師セミナーで訴えたり。獣医によって、こうも意見が違うものかと思いますが、どちらも研究者でもなければフード開発に携わっているわけでもなく、フードに関してはプロとはいいがたい人たち。話半分でとらえたほうがいいですね。少なくても、調子よく、ご機嫌で食べている猫ちゃんもたくさんいるフードで具合が悪くなるとすれば、あくまでも個体の問題。フードが悪いわけではない。

うちのイッサは、吐く、下痢を定期的に繰り返していました。IBDだとわかったのは、かなり後のこと。その間、可哀想に、とても苦しい思いをさせてしまいました。症状が始まると、食欲廃絶状態になり、2週間ぐらいすると、ある日突然、復調してご飯を食べ出し、コロコロのうんちをするようになります。意味がさっぱりわからなかったのですが、ドライフードを食べなくなって身体の中から全てでてしまうと、調子がよくなっていたんですね。後で納得です。とても有名なブランドのフードでそうなりますが、あるグレインフリーフードでもなりました。なにが悪いかはわかりませんが、ニュートロは大丈夫なのです。実は、こういう話よく聞きます。なので、ニュートロをおすすめしているんです…が、欠品するのは致命的sad

実は、ニュートロ欠品後、ブリスミックスというフードも使っていました。内容がすごくいいです。アガリクスとか使っているし、なによりEF2001というアレルギー対策になる乳酸菌を使っています。

乳酸菌サプリメントのマイトマックスを以前おすすめしましたが、あまりにも高いので、JINというEF-2001乳酸菌サプリメントを使ってみたことがあります。飲ませづらくて、続きませんでしたがwobbly

フードに入っているならVery Good! 使ってみました。ところが、乳酸菌の影響で、お腹がゆるくなる子が続出。しかも、時間差でくるので、猫部屋はとんでもないことにshock しばらく頑張りましたが、ついに挫折。そして、店販用のニュートロを購入したという経緯です。

でも、多頭飼いのオーナーさんにおすすめしましたが、食いつきもよく、便も崩れないとのこと。なぜ、このような差があるかは不明ですが、そちらには合ったということでよかったです。

なかなか、うちにぴたりと合うフードがありません。結局、コスパもよくないと、オーナーさんにおすすめできないんです。いくらよくても、モグニャンも高すぎて、とても無理。たとえ、うちで使えたとしても、オーナーさんには続けてもらえないです。

ほかにも情報がないわけでもないので、またいいフードがみつかったら、ご報告しますね。フードジプシー、まだまだ続きますbearing

3月28日、30日に子猫が産まれました。一ケ月齢から募集を開始します。サイトへのアップは、目が開いてから。もうすぐ目が開きます。なかなか可愛い子猫たちです。お楽しみにhappy01

2017年11月15日 (水)

【お知らせ】私事ですが…いろいろありましたので、ご説明を(^_^;)

Blog_1711151まあ、まずは、この画像で癒されてcatface

浜松駅の新幹線ホームから降りてきて、改札へのエスカレーターの前にあるヤマハの展示ブースの写真です。なんて、幸せそうな表情で寝てるの?でも、まさか剥製sign02 通る人が、同じ思いか、立ち止まって、目を凝らして見ています。見てもわからないから、その場でスマホで調べたら、つくりものだそうです。なんか、ほっとしました。でも、当たり前か(笑)

展示の詳細は、こちらで。浜松駅のこの場所には、2つの展示ブースがあって、ヤマハ、スズキ、カワイ楽器の3社が一年交代で展示してます。で、今年の7月からヤマハの展示になりました。

過去、今回のこの展示ほど、足早に通る人の足をとめるほどに心をうつものがあったかしら?なぜかはわからないけど、見ていると幸せな気分になります。こういうのも「感動」のひとつなんでしょうね。私も、人に感動を与えるようなノルをつくりたいって、思いますhappy01

さて、ホームページもブログもとまって久しく(別に珍しいこっちゃねーよ、と思っている人も多々おられますが)、なにやっとんじゃいと怒られそうですが、聞けば、呪われてるのかいって、誰しも思う状況になっていました。

まずは、そもそも障害者の夫が転んで骨折。以来、リハビリも含めて、いまだに入院中です。次いで、同居の義母が介護が必要な状態になり、でも回復して手がかからなくなったと思った矢先の9月にベッドに座っただけで、大腿骨骨折。こちらも、いまだ入院中。二人が、そろそろ退院の話がでてきたころ、とどめは、私自身が入院そして手術ですよ。しかも、癌。ステージⅢbだって。「ガーンsign01」…これやると、みんなに怒られますがcoldsweats01 医者にも、「あんたねー!癌なんだから、気楽に考えちゃダメだよsign03」って、こっぴどく怒られましたsad

だけどねー。なるようにしかならないんだから、心配だの、まして深刻になったってしょうがない。なんの利益もない。とにかく、留守中の猫の世話の手配や、子猫預かってもらったり、投薬している子を預かってもらったり、入院させたり、クラブの仕事も残ってたし。まー、癌の心配より、そのほうがよっぽど大変でした。3日徹夜しました。腫瘍からの出血があるので貧血だし、体重激減のためか栄養不良もあり、身体もしんどかったsad あー、だから、時々、動けなくなっていたのね…って、気付くの遅いわsign01

でも、ありがたいことに、ドリママさん、リトルミューさん、猫を預かってくれています。本当に感謝です。特にドリママさん、投薬が必要な子のために、朝晩、通ってくれています。ごめんなさいsweat01そして、ありがとうございますm(__)m

この月曜日から入院して、明後日手術です。術後、10~14日で退院ということになっています。主人と義母は、病院を退院後は、しばらく施設入所でしのぎ、その間、私は静養することになっています。

病室にPC持ち込んで、いま投稿記事をつくっていますが、家にいたら猫の世話で一日の大半を使うので、考えてみたら、入院中が一番仕事がはかどります。それで、ホームページとブログを更新できそうです。このあと、ホームページも更新しますね。

そんな感じで、17日の手術までは電話もOKなんで、オーナーさんも猫のことで困りごとがあれば、ご遠慮なく、お電話下さい。ただ、手術当日、翌日ぐらいまではICUで寝てることになるので、その間は連絡不可です。メール入れといてくださいね。個室に戻ったら、またブログで報告します。

そして、一頭、ちょっと事情があり、普通に募集できない子がいますので、ここで里親さんを募ります。
Blog_17111527月10日生まれの女の子です。入院前のバタバタの最中に、慌てて撮影したので、シャンプーもできず、よれよれwobbly

カラーはブラウン・マッカレルトービー&ホワイト。いわゆる縞三毛です。

いったんは繁殖する方に決まったのですが、臍ヘルニアが出てしまい、繁殖不可になったので、ペットで募集することにしましたが、前述の事情で、サイトが更新できないまま、決まらないでいました。しかも、風邪をひかせてしまい、目のうるうるが後遺症で残ってしまいましたweep そのような事情なので、もしも、気にいってくださる方がいれば、手数料のみでお譲りしようと思います。【お問い合わせフォーム】

うるうるは、特に目薬も必要ありません。臍ヘルニアは、避妊手術で麻酔したときに、一緒に整腹すれば大丈夫です。

正直、ずっと家族や自分のことで忙殺されて、猫のこと細やかにできなかった結果です。いっぱいいっぱいでしたsad 大人しくて優しい子です。どうか、心優しい方に巡り合いますようにconfident

Blog_1711153 もう一頭、募集中の子猫がいます。こちらは普通にサイトで募集しますね。コッパーくんとゼノちゃんの一人息子です。いま現在は、サイトにのっていない両親です。コッパーくんは、なんとアイスランドからお迎えしました。ゼノちゃんは、ウェンディの娘で、ギルガメッシュと同じ組み合わせ。子猫は、ブラウン・クラシックタビー&ホワイトの男の子です。とても気に入ったのですが、この子もショーには不向きな点がでてきてしまい、泣く泣く募集することにしました。まあ、こんな状況なので、猫は増やすなという神様のお達しかしらね。

ということで、子猫をお迎えしたい方は、是非、ご検討ください。

私は、もちろん生還するつもりですし、しぶとく繁殖も続けます。ますます、頑張るので、今後もよろしくですhappy01




2017年7月15日 (土)

なんとかサイトを更新しました

Blog_1707151Blog_1707152 我が家の新人さんです。このたび、晴れてお父さん、お母さんになったふたりの紹介をサイトにアップしましたので、よかったら、見てくださいね。

左はジュピターくん。キレイに開いた耳が自慢なのに、シャイすぎる性格で、せっかくの哲さんのプロショットもこんなんですsad

右はサマンサ。毛ないですね~coldsweats01 でも、子猫たちはけっこう、ふさってますよ。

なんとか、早朝2時頃、サイトを更新しました。次の更新は間違いなく8月に入ります。

アワードカタログの製作に入りました。まとまった睡眠時間がとれず、辛くなったら仮眠をとる…という生活が始まりましたcoldsweats02 が、歳感じます。掃除をしていても、最初から膝が笑っております。本人は全く笑えない状況ですが。

そんな事情で、子猫のご見学は8月にならないとお受けできないです。ごめんなさいbearing

気分転換にブログぐらいは投稿したいけど、どうなることやら…。

あ。これだけはお伝えしなきゃ。暑い毎日。ご本人もペットも、熱中症には本当に気を付けて。命の危機に直結します。

特に、猫をキャリーに入れての移動は、マジで注意sign01 車だからといって、油断しないで。知り合いの方が車でショーに行き出陳しましたが、まったく謎ではありますが、猫ちゃんは翌日亡くなってしまいました。獣医さんによると、熱中症の症状とのこと。

以前、キャリーに入れる保冷剤を自作するアイデアを紹介しました。こちらです。是非、もう一度、ご覧になってください。水を多めに入れて、厚めの板氷をつくるようにするのがポイントです。薄くつくると、すぐ溶けてしまいます。

冷凍庫に常備しておいてください。猫が具合悪くなって、急遽獣医さんへ走るときも、すぐにキャリーに入れられて便利です。

必ず、夏の移動には保冷剤をsign01お願いしますsweat01

2017年3月30日 (木)

生きてますよ~(^^ゞ

Blog_1703301_2 前回の投稿はお正月でしたね~(^_^;)いつものことながら…。

昨年12月から最近まで、家庭の事情で大変な状況でした。オーナーさんだけでなく、TICAのリジョンサイトの仕事も全くとまってしまい、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。

今日は、取り急ぎのご連絡のための投稿です。

この写真は1月29日生まれ、ギルガメッシュ×ヴァナディスの子猫たちです。

ホームページ再開の目途がたたなかったため、某仲介サイトで募集していましたが、オーナーさんも決まりました。
この子たちが、実は明日3月31日放送の「どうぶつピース」にちょびっとだけ出演します。テレビBlog_1703302_2 東京18:55から2時間のスペシャル回で、どのあたりで放送されるかわかりませんが、よかったら見てみてください。右の写真は撮影風景。

実は「どうぶつピース」には、うちの子たちはこれで3回目の出演です。放送決定の連絡がたいてい前日なので、ブログでお知らせする間がなくって。その前に「どうぶつBANG!!」という番組があったのですが、そこでも1回出演しているので、計4回の出演。

著作権の問題があるので、動画そのものを紹介できませんが、また、そのうち方法を検討して、なんとかブログでご紹介したいと思います。

ちなみに、静岡では「どうぶつピース」は、テレビ静岡で毎週火曜日14:50から放送されています。今週火曜日は#21が放送されましたが、これがテレビ東京で何週前に放送されたものなのか??いま、時間がなくて調べられませんが、地元の方たちのために、近いうちに情報提供しますね。

3月18日にも4頭子猫が産まれています。ホームページも再開にむけて頑張らねばhappy01

2016年8月18日 (木)

3ヶ月ぶりだよ~(@_@;)

Blog_160817_1_2 見て~sign01激かわlovely テンションあがるわあ(笑)

HPは1ヶ月、ブログは実に3ヶ月も放置して、なにやっとんじゃいsign03…なんて怒られそうですが、いや、別にのんびりお茶しにいったわけではないっす。

今度の日曜日、TICA Asia Regionのアワードパーティがあって、いつもは入賞しても行かない主義ですが、まあ諸所の事情により、今年は参加します。参加するとなると、お世話になった方などに入賞のお祝いやら、いつもありがとう的なちょっとしたギフトが必要になるという、業界色の濃い事情により、細々、プレゼントの品を手配しています。

で、「いもねこショップ」に、注文していたクッキーを引取にきたわけ。そしたら、まー、可愛Blog_160817_2 いケーキにやられてしまい、結局、ケーキセットを食してしまいましたhappy02 お店で左側のいちごと抹茶のブランをいただいて、右のねこちゃんプリンとショコラをお持ち帰りしました。このプリンのカップも激カワheart04

もう、ず~っと忙しくて、大変だったんだから、このぐらいの息抜きは許してほしいです~bearing

子猫のお渡しも始まった頃、思ってもいない大きな仕事を依頼されてしまいましたcoldsweats02 アワードパーティに配布されるカタログの版下製作です。入賞した猫の写真を、それぞれの情報と一緒に掲載する本なのです。一年、キャットショーを頑張った証のひとつにもなる大事なものなので、それはもう、とても素敵に作らないといけないわけで。本当に大変なんです。

睡眠時間2~3時間、あとは耐えられなくなったときにとる仮眠だけの日々が2週間近く。歳ですね~。無理が効かなかったです。いまだに、後遺症をひきずっていますbearing

5~6月に産まれた12頭の子猫たちも、徐々にオーナーさんのお宅にお引越ししています。その準備もまた大変で…。なかなか追いつきませんsad

そうこうしているうちに、13日から今日までに、たくさん子猫も生まれて、ちょっとあせっています。まだ、アワードパーティの準備も全くできてないし~shock ほんと青い…。

そうばっかりも言っていてはいけないので、明日ぐらいにはサイトも更新するつもりです。頑張ってるよ~sweat01

ところで、今回行った「いもねこショップ」は前に紹介した「いもねこカフェ」とは別の場所にあります。浜松なんて、用はないかもしれないけど、たまたま浜松に来ることがあれば、是非、寄ってみてくださいなhappy01 猫好きさんは結構、テンションあがると思う。

それにしても、いままで気づかなかったのですが、いもねこって、福祉業事所だそうです。Blog_160817_3不登校や発達障害のある子供たちを支援しているそうです。テーブルにあるメッセージに心打たれました。

「認め合い ゆるしあい 支え合う バリアフリーな社会をめざす」

優しいな~confident 心身ともに疲れていると、とても沁みる素敵な言葉。…というわけで、サイトどころかブログさえなかなか更新できない私のことも、許してね~catface

2016年4月14日 (木)

3月7日生まれ ニーナの子猫たち募集状況

Blog_160414_1_2実は先週から、うちはリフォーム工事しています。大変でしたが、明日で終了です。

壁紙はボロボロ、マーキングのためにドアとその枠がボロボロにcrying2010年10月に新築した我が家ですが、たった5年で、ひどい有様です。

多くのキャッテリーのように、ケージに閉じ込めきりにしたり、狭い部屋に閉じ込めたりすれば、そういう悩みもないのですが、うちは未去勢の雄以外は、できる限り自由にさせたい方針なので、猫もやりたい放題ですhappy02

去年の夏から工事の打ち合わせしてましたが、業者さんも頭をかかえてしまって話がすすまず…。

この間、ご見学はもちろん、TVの取材も、この状況のまま受けざるを得ず、みなさん「どういうことなんだろ~??」って、思われたと思います。あー、恥ずかしいwobbly

床は大工事になってしまうので、今後の課題ということで、壁紙は一部パネルにし、子猫部屋・成猫部屋のドアはアルミ製にして、一応の解決です。

さて、3月7日生まれの子猫ですが、本当にたくさんのお問い合わせを受けていまして、大変、ありがたいことですが、能力がないので、対応がちゃんとできているか不安になってきました。

何度も見返したのでオチがないと思いますが、まあ、おっちょこちょいなので心配です。返事が届かないという方おられたら、フォームからご連絡くださいね。

現在のところ、1番くん、2番くん、3番ちゃんが決まりました。1番くんは、お名前も「ロア」くんになりました。

Blog_160414_2

4番ちゃん、5番ちゃんは募集中です。4番ちゃん、寝起きなので、半分、瞼がおりてますね(笑)もう一枚。Blog_160414_3

工事の間、猫たちには狭い部屋で一日、我慢してもらうので、とても負担をかけてしまいます。

子猫部屋の子たちは、工事の方が相当まで、「いいよ、いいよ」と言ってくださるので、ほとんどケージに入れずに自由にしてました。職人さんたちに感謝ですhappy01

2016年4月12日 (火)

餅は餅屋。心疾患は「獣医循環器認定医」へ

Blog_160411_1 いや~coldsweats02 ノル・ブーム?だんだん、実感してきました。ありがたいことではありますが、お問い合わせの多さに戸惑っております。対応の方針も少し修正が必要になってきました。スピードも大事ですね。先のご見学などで、ご検討をお待ちいただくことも多く、あまり上手くいっていません。ごめんなさい。考えます。

さて、3月7日生まれの子猫たちは離乳を開始しました。元気に跳ねたり走ったりしています。人なつっこい子たちで、育てていて、とても楽しいです。

人懐っこいのはいいけど、集合写真が大変wobbly こっちにパタパタ寄ってきちゃう。撮れませBlog_160411_2 ~んcrying なので、サイトの集合写真は禁じ手のベッドを使ってしまいました。案の定、なんじゃこりゃな写真です。とほほbearing ほかの写真で一番いいのが最初の写真。わははcoldsweats01

さてさて。そんな中、お渡しした子猫のことで、2月中旬から、ある問題が起きていました。

6ヶ月齢になるので避妊手術をするということで、術前検査でレントゲンを撮ったら「バレンタインハート」だと言われたというのです。…えぇっsign02

バレンタインハート。つまり、左心房がうっ血して拡張している状態です。左心室の心壁が厚くなり、心室が狭くなって起ります。いわゆる心臓肥大です。

BNP検査の結果は50。正常。その他の血液検査は一般、生化学とも異常値はなく、診断は「いまは大丈夫だが、今後肥大していく。術後は強心剤を使いましょう」ということで、手術決行。術後に出たのは、強心剤ではなく、ヘルベッサーという薬。心拍数を抑える目的で使います。

いやいやいやcoldsweats02 心拍数高くねーし!だいいち、バレンタインハートなんでしょ?左心房がうっ血してるんでしょ?なんで手術するの??

…やっちゃったものはしょうがないけど、正直、無事だと聞くまで、頭抱えてましたよbearing

心配で心配で、うちが通っている獣医さんに、いろいろ聞いてしまいました。この獣医さん、すごく丁寧に質問に答えてくれます。いつも、とても勉強になっています。

「レントゲンだけで心肥大の診断はできない。エコーが必要」とのこと。そーか!オーナーさんに伝えよう!そんな薬飲ませる前に!

ところが、「幼すぎてエコーみてもわからない。見ろと言われれば見るけど」との答え。

…3kgある子なんですけど。猫の体格なんて、たいていそんなもの。ということは、猫はエコーみれないってこと??

あははははcoldsweats01 もう~、またかいな…。

エコー見れない獣医の多いこと。

どういうことなのかなぁ。獣医大学の責任?獣医教育のシステムって、上手くいってる??

「心疾患の診断では、エコーはゴールドスタンダードです」うちが通っている獣医さん。

ゴールドスタンダードは医療用語のようです。ある疾患を診断するときに最も信頼性が高く「決め手」になる検査のことだそうです。

「エコーなくして、心疾患の診断はできません。私もエコーは見れますが、心疾患を疑う場合には、念のために獣医循環器認定医の井口先生のところでエコーを見てもらうことにしています」

獣医循環器認定医

はー。そういう認定制度が獣医さんにもあるのね。

調べてもらったら、静岡県には循環器専門医はお二人しかいません。
富士宮の稲葉獣医医院と浜松のいぐち動物病院

オーナーさんは、うちから車で2時間ぐらい走る距離にお住まいですが、直近には循環器専門医はいないので、浜松まできて診察することになりました。もちろん、私も立ち会いました。

結果からいうと、全く正常でした。

よかったーsign03 あー、よかったcrying どんだけ心配したことか。

それにしても、井口先生のお話は、とっても勉強になりました。私一人で聞くのがもったいないぐらい。

以前にも、オーナーさんのところで心肥大と言われた子がいて利尿剤まで飲んでいましたが、状況から私は誤診だと確信しています。ノルは体温が逃げにくいコートの構造をしているせいで、ちょっと気温が高い環境で走りまわると開口呼吸をすることがあります。それで心疾患を疑われます。今回のオーナーさんのところの獣医さんも「ノルは多い」と言っているようです。いや、正常な子にヘルベッサーを出す獣医さんに、それ言われても…coldsweats01

けれど、今回の事件で、心臓の診断がいかに難しいかがわかりました。

レントゲンでバレンタインハードに見えたということだけれど、猫の身体の角度次第で、そううつることがあるそうです。

レントゲンでバレンタインハートに見えたら心肥大を疑うのは正解だけれど、それだけでは診断できない。今回も、全く正常だったのだから。正常な子が心肥大だと言われ、利尿剤、強心剤を投与されている猫が、もしかしたら、たくさんいるかもしれない…ぞっとしますshock

ちなみに、ヘルベッサーは、最近は効果が疑われ、使われない薬だそうです。私はヘルベッサーなんて、正常な子が飲んだらどうなるのか心配だったけれど、うちが通っている獣医さんは「大丈夫です」…それはそれで、正常な子が飲んでも大丈夫な薬が、本当に心肥大の子が飲んで、効果があるのか?? いや、だからないのか(笑)

井口先生は、「僕は心臓は診れます。でも、骨折は手術できません。提携の病院で手術してもらいます」とおっしゃっていました。専門医ということはそういうことなんですね。

今まで、オーナーさんには混んでいる大きな病院がいい病院と言ってきましたが、訂正します。

いい病院は、提携病院の多いところ。判断が正しく、必要に応じて、別の病院を紹介してくれるところ。

いぐち動物病院では、心臓の検査(エコー、レントゲン、血液検査)を1万5千円でやってくれるそうです。そして、びっくりしたのが、避妊手術(2万円ぐらいだそうです)の中にセットで、この検査が入っているとのことcoldsweats02 「僕の趣味です」だって。すげーよhappy02

やっぱり、知らずに麻酔かけて亡くなる事例がけっこうあるとのこと。…だよね。今回の子も、誤診ではなく、本当にバレンタインハートで左心房がうっ血していたら、避妊手術なんてしたら死んでたかも…。誤診でよかった。誤診でなかったら、異常に気付きながら手術して死にましたってなんてことになったら、どうするつもりなんだろう…。頭おかしくなりそうよgawk

心肥大の状態でも無症状なことが多く、また、検査で心壁が厚いことがわかっても、心房のうっ血などがなければ治療の必要はないそうです。けれど、症状は突然現れるので、経過観察の必要があり、検査は重要です。

なぜといえば、心肥大は必ず、先天性だそうです。だから、症状のない健康な若いうち(1~2歳ぐらい)に検査をして、心臓の状態を把握するのはいいことです。異常があれば、今後気を付けるし、なければ安心。

でも、心臓は「獣医循環器認定医」でsign03
そして、心臓の診断はエコーなくしてできません。はい。ここ、試験にでま~すsign01

一度、「○○県 獣医循環器認定医」で検索してみてね。ほかの認定医みたいに学会のサイトで一覧があるといいのだけれど、日本獣医循環器学会には、認定試験の合格者一覧しかありません。

2016年3月22日 (火)

空前のノルブーム!? ペットショップで65万円だって(笑)

Blog_160322_1_2 HPどころか、長い間、ブログもお休みしてしまいましたsad

そうこうしているうちに、いつのまにか蛙がゲコゲコ大合唱の季節になりました。子猫たちも無事成長し、12/31の子猫たちは3頭がお引越しを済ませました。残るカールくんと1/21生まれの子猫達も4月上旬までにお迎えの予定です。寂しくなります。

最近、まわりから、「猫ブームなんだってね。よかったね」「ノルウェージャンがブームらしいね」という声がよく聞かれるようになりました。いまひとつ、実感はないけれど、そういえば、あっという間に決まってしまった…かも??…ぐらいな感覚。


「ずっとお知らせしたくて…」別件でお電話くださったオーナーさん。
「東京のペットショップで、ガリガリで、少しも可愛くないノルが65万円でした」だってcoldsweats02

まあ、やっぱりそうなんだと思いましたよ。

実は、うちのようなブリード活動していると、とんと縁のない類のショップの世界の話が耳に入ってきていました。

犬猫のセリ市で、ノルの子猫が19万円で落とされたらしいです。

セリ市って、わかりますか?ペットショップは、そういう場所で商品となる生体を仕入れます。野菜のように、子犬や子猫が競り落とされているそうです。

私がブリーダーになる前、最初に飼った猫は新聞広告で2万円で売られていたアメショーです。笑うでしょcoldsweats01

そのとき、ブリーダーは「ショップへの卸も2万。だったら、一般の方にお渡ししたい」と言ってました。当時、アメショーはブームも下火。ショップでは、大体、12万円、安ければ7~8万円で売られていました。そうか、卸値の4~6倍なのね。

というわけで、セリ市で19万円なら、ショップで65万円は当然の金額です。
だけどね…。
そんなところで猫を売っている輩は、「シロブリ」とか「産ませ屋」と蔑称で呼ばれる類の繁殖家です。

そんな連中がつくる猫が、末端価格で65万円って…。

生活のために繁殖しているわけではなく、いい猫をつくりたいと考えて、勉強を重ねて、ショー活動も頑張っているトップブリーダー、ショーブリーダーたちは、そんなブームに影響されることはありません。

でも、犬猫を売って生活の糧にしているような産ませ屋さんたちは、とれるときにとっておこうと、がんがん猫を増やし、子猫を大量につくります。

アメショーのときは、素人目にも、「これ、本当にアメショー??」と思うような、顔のとがった猫がたくさんショップに並んでいました。

スタンダードから大きく外れたペットタイプでも平気で繁殖に使った結果です。

手足が太く、顔がまるまるとしたところが可愛かったアメリカンショートヘアは、ブームと心無い繁殖家のせいで、すっかり可愛くなくなってしまった…と、哀しく思ったことを思い出します。

でも、そんな時代を経ても、ショーに出てくるアメショーたちは、素晴らしい形質を保持し続けていました。なにも哀しく思う必要なんて、なかったのです。

うちにお問い合わせくださる方も、ノルなら何でもいいというのではなく、ノルウェージャンの魅力にはまったとおっしゃる方ばかりです。

一昨日、車で3時間もかかるところから、3番くんをお迎えにきてくださいました。「本当は朝でてくればいいんだけど、嬉しすぎて、夜出発してしまいました」ってhappy01 中田島砂丘でお時間をつぶしておられたようです。若いっていいなぁ…confident

「お近くに、ノルのキャッテリーがいっぱいあるでしょうに」というと、近くには好みのお顔の猫がいなくて、検索し続けて、理想の子をみつけたと言ってくださいました。嬉しいことですlovely

この方たちのように、真剣に猫を探す方は、たくさんおられます。時間をかけてネットで検索し、お問い合わせして、3時間車を走らせても、お迎えにいらっしゃる。今回の子猫のオーナーさんたちの中で、一番遠いのは新潟の方です。秋田に転勤になっちゃったので、さらに遠くなってしまいましたが…coldsweats01

まあ、どうしてもいい猫がほしくて、浜松中のペットショップを探して回るというアホなことしていた私ですから、ペットショップで猫を探す人の気持ちもわからないではないです。

そんな方たちに、案外、知られていない事実をひとつ…。

実際、最近は田舎のショップでも25万だの30万だのという金額でノルが売られていますが、可愛い、可愛くないはともかく、それは本当にノルウェージャン・フォレスト・キャットですかねぇ。

ノルに限らず、猫の純血種は、その猫種を公的に証明することができるのは、米国の猫血統登録協会、The International Cat Association(TICA) と The Cat Fanciers' Association(CFA)だけということはご存知でしょうか。(参考リンク;「血統書とは?」を参照

よく、「血統書つきの猫」だなんていうけど、実は血統書なんてものには、さして価値はないし、なにかを証明できるものでもないんですよ。重要なのは、その猫の両親猫が、TICA、CFAのナンバー(血統登録)を持っているかどうかなのです。

50万でも100万円でも、売るのも買うのも自由だけれど…。
非常識な金額で購入したその猫は、もしかしたら、その猫種としての証明すらできない猫かもしれませんね。

ネットで検索していると、TICA、CFA登録の正規キャッテリーの猫は、そうでないブリーダーの猫より高いと書いているところが多かったですが、私の知る限り、そんなことはないですよ。キャッテリーのほうが、ずっと良心的です。

さておき。久々にサイトの更新作業をしています。実は、3月7日に子猫が産まれていて、Blog_160322_2_2 目も開いています。

なかなか、可愛いのだheart04

ギル×ニーナ。前回の胎は動物番組に出演した子猫たちです。うち一頭は、キャットショー の子猫部門でも頑張りました。今回も、めちゃ可愛いっす。お楽しみにhappy02

2016年2月15日 (月)

12/31生まれの子猫は全員決まりました

Blog_160215_1
おかげさまで、12/31生まれ、ハルク×ワンダの子猫は、全員里親さんが決まりました。

1/21生まれの子猫は引き続き、募集をしています。お顔はとっても可愛いのですが、最近、カラーが多い子猫は人気がありませんsad

というわけで、お安くしますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

1/21生まれの子猫たちは、21日に撮影予定です。その後、サイトにアップします。

より以前の記事一覧