フォト

リンク

無料ブログはココログ

キャットショー

2018年5月21日 (月)

子猫たくさん産まれてます。そして、お知らせ

Blog_1805211 うちは毎年、ツバメが巣をつくるものの、雛が育つのは結構遅く、夏も始まる頃だったりします。
ツバメが巣をつくる家は安泰とも聞いているので、ツバメ大歓迎なのですが、今年も来たなと思うと静かになったり、なぜなんだろうと思っていたら、ある日、巣の下に割れた卵がcoldsweats02 たとえ卵でも、いくつもの命が失われたことに、なんだか落ち込んでしまいます。

かと思っていると、また巣作りが始まりほっとしていた矢先、今度はカラスが大騒ぎしていたので、思わず追い払うと、また割れた卵と、今度はおびただしい羽根の残骸。カラスに巣を壊され、卵を抱いていたツバメが捕食されたのかもしれませんcrying

ツバメが居つかないわけがわかりました。カラスのせいだったんですね。
カラスも生きるのに必死。捕食は必然。…なのはわかっていても、依怙贔屓しちゃいますねぇ。カラスが巣を襲わないいい方法はないものかしら。

そんなこんなで、半年の抗がん治療もあと1クールとなりました。だんだん蓄積するのか副作用がなかなかキツく、寝込む日もあります。明日、最後の1クールのための通院です。あと一回、頑張ります。

さて、ひとつお知らせです。所属しているキャットクラブのキャットショーが7月7日に東京でBlog_1805212 開催されます。お近くの方で、この機会にキャットショーを体験してみたい方、是非、ご参加ください。今度は、前回のファーストショーとは一転、かなりの低予算キャットショーです。それでも精一杯、楽しいショーにしたいと思っています。→詳しくはこちら

いま、子猫がたくさん産まれています。総勢9頭。是非、お問い合わせください。ホームページも間もなく更新します。

Blog_1805213_2 Blog_1805214_4 ちょっと面白いおもちゃを入手しました。まるっきり本物のサンマに見えますが、これ猫のおもちゃです。全長20cmなので、子猫用のキッカーです。大人も転がすのにいいサイズみたいで、よく遊んでくれますよ。これで子猫が遊んでいる図はなんだかおもしろいです。子猫のオーナーさんのお土産におつけしますね。

Blog_1805215_2 そして、最後にお知らせです。実は、エンディミオンを去勢しました。なので、My Catsの頁からエンディミオンの紹介を削除してあります。

大病して少しでも身体の負荷を減らすため、当面、少しキャッテリーを縮小し、繁殖数を減らす必要に迫られています。交配しなければいいのですが、そうすると、避妊手術しないと猫が可哀想です。病気のリスクも増えます。お金もかかるので少しずつですが、徐々に去勢避妊していくつもりです。

Blog_1805216 Blog_1805217 また、繁殖数を減らすためには、発情がきても交配できないことが多く、子宮蓄膿のリスクが増えます。そのため、若い女の子2頭を他のキャッテリーさんに譲渡することになりました。ルチルとサマンサです。甘えん坊の可愛い2頭ですが、猫の数が増えすぎた我が家にいて、あまりかまってももらえず、交配もロクにできないよりは、小さなキャッテリーさんで可愛がられて暮らすほうがよほど幸せと判断しました。そういうわけで、My Catsの頁は少しメンバーが減っています。

もちろん、今後も活動は続けていきます。いい猫をつくるため、あらたなメンバーも少しだけ加わる可能性もあります。キャッテリーを頑張って続きていきますので、今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。

2017年12月18日 (月)

猫のぬるぬる食器対策 その2

Blog_1712181 まずは、重要なお知らせです。前々回にお知らせしたツインメッせ静岡でのキャットショーは、なんと、静岡マラソンとかぶっていることが判明coldsweats02 交通規制はあるわ、ホテルはとれないわで困り果てshock、結局、前の週に変更になりました。前々回の記事のフライヤーも変更しておきますが、この記事でも、あらためて新フライヤーを貼っておきます。ご興味のある方、ご連絡くださいね。

さて、またまた私事ですが、明日は2回目の通院ですが、先週の月曜日の初通院で、病理検査の結果を聞いてきました。

CTなどの術前検査の結果、リンパ節への転移が疑われるということで、ステージⅢbという診断でした。また、手術でリンパ節郭清を行い、目視によるリンパ節の病変を確認した担当医からは、高い確率で癌の病変だと告げられていました。

ところが、病理検査の結果、リンパ節への転移はなかったとのこと。奇跡??happy02 結局、確定診断はステージⅡということになりました。

ただ、S状結腸にできた癌は、なんと腸壁をつきやぶり、卵巣をガッチリ抱き込んでいたため、はがすことができず、卵巣卵管も切除されました。無防備な腹腔内に、癌が顔をのぞかせていたわけで、これはかなり、高リスクな状態でした。

癌の手術というものは100%近く成功するのだそうです。なのに、なぜ、癌は再発するのか。それは、癌細胞がほかの部位にも広がっていくからです。目に見えない小さながん細胞が、術前に広がっていれば、手術で100%取り除いても、癌は広がっていきます。

広がり方には、「転移」と「浸潤」があります。「浸潤」は近接する場所に、水が沁み込むように広がります。「浸潤」も広い意味では、「転移」のひとつですが、「転移」は飛び火のように離れた箇所に移るという説明がわかりやすいです。

不思議なことに、卵巣卵管には浸潤も転移もなかったのですが、卵巣に近接する広間膜には浸潤が認められました。

癌には、その大きさと浸潤の程度を示す「T因子」というものがあって、ステージⅡであったものの、浸潤は最悪のT4bでしたshock

というわけで、私の場合、最終的に「高リスク型ステージⅡ」という診断になりました。そこで、ステージⅡの場合は、抗がん剤治療は不要だそうですが、担当医師と話し合いのうえ、抗がん剤治療を受けることにしました。なんでもやれることはやっておきたいので。

ところが、費用対効果を考えると、二の足を踏んでしまう方が多いそうです。私の場合、飲み薬ですが、1週間で1万円近くかかりますcoldsweats02 2週間毎日飲んで、1週間休み、それを8クール(6ヶ月間)繰り返します。ざっと16万円也crying

それで効果は?というと、担当医師の説明によると、5年以内に100人中30人が亡くなるとして、抗がん剤治療をすれば22人になるとのこと。

はー。8人助かるだけかいbearing

まあ、この8人に入りたいので、やりますよ。この数の猫を置いてはいけない。とんでもない迷惑な話だ。

ネットでは、ステージⅡの5年生存率は84.8%とのこと。まあ、希望をもつことにしますhappy01

やっと本題。

2015年7月19日の記事でも紹介しましたが、猫の食器って、ぬるぬるがとれにくいとお悩みBlog_1712182 の方が多いかと思います。それで、専用洗剤の使用も検討しましたが、ライオン台所洗剤マジカを試してみたら、よくとれたという記事です。

ただ、マジカを使っても、プラスチック製の食器はそのうち、とれにくくなってきたりします。いろいろ考えてみましたが、どうも、スポンジがよくないような気がしていました。

一番好きだったのはキクロンでしたが、これも使っているうちに、わりとすぐイマイチになってしまうgawk スポンジ自体にぬるぬるがついて、このぬるぬるがとれにくいし、すぐにヘタるからだと気づきました。

なんて、悩んでいたら、レンジフードのフィルターを取り換えに毎月来てくれているダスキンのお姉さんが、「一度使ってみて下さい。これを使うと、他が使えなくなります」って。こういうの、断れない私coldsweats01

いまでこそ、柳沢加奈子がTVで宣伝してますが、当時は「ダスキンって、台所用スポンジの作っているんだー」ぐらいにしか思わなかったし、「どうせ、そんなに変わらない」と舐めていましたよ。その時点では。でも、使ってみたら、いや、ほんとにsign03 おっしゃるとおりでしたcoldsweats02 すごいの一言。

Blog_1712183 とにかくへたらない。よく落ちる。スポンジの泡切れもすっきり。なにこれsign02ってぐらい、感動的にいいですhappy02

猫のオーナーさんは、是非是非、試してみて。ダスキンのスポンジは、Amazonで買えます。今度こそ、完璧にお悩み解決ですheart04






2017年11月24日 (金)

おすすめ。マイトマックススーパー

Blog_1711241今日は朝からキレイに晴れました。

朝焼けの写真、難しいです。この風景を見るのも、あとどのぐらいか…。と思ってたら、いま回診で月曜日退院に決まりました。驚異の回復力と言われています(笑)

寝室に1頭置いているイッサが、あまりにも甘えてきて帰れなくなる、と夜に様子を見に行ってくれているDorry Mamaさん。この子のことが実は一番心配でした。一日も早く帰ってあげたかったweep あと、3回朝がきたら、お母さんに会えるよ、イッサhappy02

術前は、精力的にPCで作業していたので、朝から晩まで座り続け、夜もわりとぐっすり寝られていましたが、術後は順調とはいえ、腹部の痛みその他で、あまり長いこと座っていられません。しんどくなると、つい横になり、そして、ついウトウトと…。そして、夜がなんだか眠れません。とはいっても、もともと4時間ぐらいしか睡眠時間とれていなかったので、平気ですが。
ただ、思ったよりも術後、作業がすすまないので、自分でイライラしています。Dorry Mamaさんはじめ、身に余るようなサポートを受けているんだから、もっと頑張らなきゃbearing

リハビリも頑張っていますよ。一昨日は自転車10分。昨日は祝日でリハはお休みでしたが、4Fから11Fまで階段で登りました。もちろん、そのあとはクタクタですwobbly
でも、こんな調子だと、帰っても、どの程度動けるか…。退院後のスケジュールが決まっていないし。なんと、病理検査の結果が届く前に退院しちゃうからねぇ。まあ、なるようにしかならないし、なるようにしていくしかないか。

Blog_1712181_2 ここで、ひとつお知らせです。諸所の事情により、長年お世話になったEnjoy Cat Clubをやめ、今年の7月に新しく立ち上げられたGrandeur Cat Society(グランデール・キャット・ソサエティ)を、現在はお手伝いしています。ファースト・ショーがツインメッセ静岡で3月3-4日日程が2/24-25に変更になりました。2017/12/18修正)に予定されているので、ショーに興味あるかた、ショップでは見られない「いい猫」を見たい方、ご注目ください。また、そのうち、いろいろご案内しますね。ショー会場では、私も、もちろん猫をエントリーしますが、忙しくて猫出し(猫を審査リングに連れて行くこと)していられないので、もしかしたら、猫出しのボランティアをお願いするかも…なんてことも考えています。ショーにご興味のある方は、無料で出陳体験ができて、いいんじゃないかと。

さて、やっと本題。

Blog_1711243 実は、ずっと使い続けてきたサプリメントがあります。共立製薬のマイトマックスーパー。以前にも紹介しているかもしれません。

カプセルの中身をあけて、少しの水に溶き、シリンジで吸い上げて、離乳が始まってからお渡しまで、のませていました。

生きて腸に届く乳酸菌サプリメントです。猫用、大型犬用と2種類ありますが、中身はまったく同じ、カプセルの大きさが大型犬用は2倍なだけです。梱包量はさまざまなバリエーションがありますが、カプセルが大きい大型犬用、梱包量は多いほどに割安になります。

すごく高いサプリメントですsad 昔、いい乳酸菌はないかと調べて、これにヒットしたとき、あまりの価格にびっくり。誰が買うのかsign02ふざけんじゃねぇーsign03って、ページを閉じた覚えがあります。

それをなぜ、使い始めたのか。マイトマックスの大量投与で、FIPの猫のコロナウィルスの抗体価が下がった…という噂を聞いたからです。

当時、実は、FIPが時々出ていて、とても苦しんでいました。ブリーダーは、みんな同じ経験をしていると思います。

藁にもすがる思いで使ってみたら、以降、一頭もでずに6年間。これはスゴイということになり、オーナーさんにもおすすめしていました。

ただ、乳酸菌サプリメントという性質上、下痢していないから使わないと言われてしまったり、あまりにも高価だし、だからといって、絶対にFIPにならないという保証はメーカーだって、いっさいしていません。無理に勧めることができませんでした。

しかも、乳酸菌って、とりすぎると下痢、軟便になるのよね。そこが悩みの種でした。大量投与でないと意味がないと言われていたので、大型犬用の半量(これで猫用1回分)を一日に二回あげていたので。体重から考えれば、本来の4倍量です。

仲間内では使ってても出るし、使わなくても出ないときは出ないと、使用の経験からの意見でも、否定的だったりします。その一方で、ほぼ強制的にオーナーさんに使ってもらっているブリーダーさんもいます。

私は、なんとなく、緊張感がゆるんで、高いし、お金ないし、やめてみようかな…なんて、一時、やめていましたが、ここのところ、いろいろな意味で、心を入れ替えました。使い始めることにしました。

強制はできませんが、それでも、極力使っていただきたい。おいしい味なので、ウェットフードに直接かけても、よく食べます。以前、紹介したJINというサプリメントは、その点でダメでした。食べてくれないsad

お渡し後こそが必要です。避妊去勢手術の数か月後までは使っていただきたい。

少なくても、これまで、私の言うことを信じて、マイトマックスを使ってくれた方のところでは、FIPになった子はいません。
何度、説明しても、「お腹のクスリ」という理解になってしまう方もいるなか、ちゃんと話を聞いてくださることもありがたいです。こういうのって、センスかもしれませんね。

こうして、FIPを話題にすると、不安をあおることになるので、ちょっと積極的になりにくいです。でも、重要なことと思い、記事にしました。

それで、ご心配になってしまった方。
元気いっぱい、ご飯もよく食べて、走り回っている猫に、コロナウィルスの抗体価をはかるようなくだらないなことはしないでくださいね。勉強しましょ。ネットで検索したら、いくらでも情報がでてきます。

キャッテリーのような多頭飼いで育った猫の抗体価は高い水準で、オーナーさんへのお渡し後も続きます。半年は続くと言われています。

だから、この時期にはかったって、高くても不思議はないんです。高い検査料かかるのに、見るからに健康な子をなに調べさせてるんだか、獣医もgawk つまり、それで結果が高かったら、どうだというのか。1600なら不安?400なら安心? バカもたいがいにしないとねbleah

FIPの発症リスクは、猫自身のお引越し、避妊去勢手術、住環境の激変などと言われていますが、抗体価が高いリスキーな6ヶ月の間に、去勢避妊手術の時期を迎えてしまいます。
このリスクを減らせれば、と考えて、マイトマックスをおすすめするのです。

言っておきますが、メーカーである共立製薬は、コロナウィルス抗体価など、この商品と何の関連付けもしていません。ユーザーの間で広まっている、ただの都市伝説だと思ってもらっていいです。

抗体価など調べても意味ないですよ。発症しなければ100とか200とかでも、発症して亡くなった子もいます。これは、経験からのお話です。血清蛋白分画までとったのですが、そのときは正常でした。でも、発症しました。

ネットでもすぐ出てきます。抗体価検査は、症状が出ている子に対して行うもので、それでも、確定診断のための、ひとつの要素でしかありません。こんな簡単なこと、勉強して、ちゃんと理解しましょうね。意味のない検査なんて、お金の無駄であるだけでなく、猫にも負担になり、ひいては本当に藪蛇になりますよ。

脅しじゃないです。猫は、そういう類の神経質さに弱いんです。

ともかく、ヤクルトや、R-1を毎日飲む感覚で、全身の健康管理を、と思っている方は是非、ご検討ください。アマゾンの定期購入が一番安いと思うんだけど、調べてみてくださいね。

2015年5月16日 (土)

5か月ぶりにHP更新

いやはやいやはや…coldsweats01
やっと! や~っと、HPを更新しましたです。実に5か月ぶりでした。この間、「毎日見に行くんだけど…」「更新してくださいよ」など、怒られる怒られる…。本当に、ごめんなさいcrying

なにはともあれ、気が付くと新年度です。TICAもCFAも、年度の終わりは4月末。猫界的にも、個人的にもいろいろあった2014-2015年度がようやく終わりました。猫界の出来事に関しては、まぁ…スルーします。個人的には、Herbalmeow関連の猫4頭が、Asia Regionで入賞確実です。めでたいこってすshine

まずは、HPに先行して、こちらにお知らせもかねて。
Littlemewさんより、あらたに男の子をお迎えしました。
Blog_150516_1
Littlemew Hulk of Herbalmeow

ハルクくんです。
このお写真は小さい頃のですが、7月27日生まれなので、いまは10ヶ月齢になります。
子猫部門で入賞し、成猫部門では、あと少しポイントが足りませんが、最高位SGCも目の前です。
とても体格がよく、おっとり穏やかな性格。性格難ありだったり、カラーが多い女の子は交配するのに躊躇していましたが、はるちゃんのおかげで、悩みが解消できそうです。
Littlemewさんは、昨年度も大活躍でした。成猫部門、去勢避妊猫部門ともに上位入賞のようです。

Blog_150516_2
Herbalmeow Ilya The Epic Hero
イリヤくんです。
2014年9月7日生まれ。ダルタニアン×ウェンディの息子です。
はるちゃんとイリヤ、2頭連れてのキャットショーは、なかなか大変でしたが、はるちゃんもイリヤも、思いがけず成績がよく、特にイリヤは、私としては不満な点も多い子なので、かなりの幸運と思っています。アワードの順位も上位になりそうです。

ちなみに、うちは、男の子には強そうな名前をつけるようにしています。英雄とか伝説の怪獣とかwink 丈夫で長生きしてもらいたいという願いをこめて。

ハルクは、超人ハルク。若い方は知らないよねcatface
イリヤは、イリヤ・ムーロメツ。ロシアでは知らない人はいない叙事詩の英雄です。ネットで調べると、ひげ面のおっさんです。ハルクにいたっては怪人です(笑)

あと2頭は、オーナーさんが去勢避妊猫部門でショーに出していた子達です。両方とも入賞できそうなので、本当によかったですheart01
Blog_150516_3
Herbalmeow Kamui
イリヤと同じ、ダル×ウェンディの息子です。断然カムイくんのほうが魅力的ですが。

お鼻のラインが曲がっているというノルとしては致命的な欠点がありながら、なんと10位以内に入賞できそうですよ。人が大好きで、ショーマナーもよく、なにより、オーナーさんのシャンプーが抜群に上手でした。土日にもお仕事があり、とても忙しい方でしたが、本当に頑張って出陳されていました。結果がともなってよかったです。

Blog_150516_4
Herbalmeow Quince Jam
ギルガメッシュ×オリヴィアの娘です。ショーでは、どのクラスにもいえることですが、特に去勢避妊猫のクラスは体格のいい猫が有利です。だから、小柄な女の子がいい成績を得ることは、なかなか難しいのですが、それでも、どうにか入賞できそうです。この子のオーナーさんも、お仕事でショーに参加できないことが多く、また、シャンプーの難しいコートも悩みの種で、とても苦労されていました。努力が実って、よかったです。

こうしてみると、前期入賞したうちの繁殖の3頭のうち、2頭がウェンディの直子、1頭は孫ということになりますね。ウェンディは、本当に魅力的な子をたくさんつくってくれました。そんなウェンディも、今年8歳になります。いまも子育て中ですが、もう、そろそろ引退させないと…つらい…weep

2014年9月23日 (火)

獣医の選択

 実に2か月ぶりの投稿になってしまいました。悪い癖が出始めたぞ~coldsweats02

いや~。本当に忙しいんですcrying 睡眠時間3時間が3日続いたのちの徹夜が身体にこたえ、昨日、今日とへろへろwobbly

 TICA アジアリジョンのサイト管理者になってしまったことと、リジョンショーのエントリーク
Blog_140922_2 ラークになってしまったことが主な原因です。加えて、家族と猫が具合悪くなって、予定外の病院通い。あたいが死にます~bearing

Blog_140922_1_2そんなことをしているうちに、世の中、すっかり秋っぽくなってました。家の前の田んぼの稲もすっかり大きくなりました…あら、シラサギがいる(赤丸のところ) 夏はすぎさったのね~catface

って、落ち着いている場合ではない。HPは全然更新できていないし、子猫の写真はアップできていないし~coldsweats02

ここで子猫情報です。6/29生まれ、Litter85 ファルコン×メリーベルの子猫は、1番くん(てん君)、3番くん(まる君)が里親さんが決まりました。Blog_140922_3 すでに決まっていた2番くん(たから君)はお引越しをすませました。4番ちゃんは、引き続き募集しています。お転婆娘の4番ちゃん、最近はよくゴロゴロと喉を鳴らすようになりましたheart04 また、8/29、9/7にも子猫が生まれています。近々、アップします。

さて、今回は獣医さんのことについて。

獣医さんは、ペットの飼い主にとって、もっとも頼りにしたい人たちです。ペットが具合悪くなったときには、命を救ってもらわなきゃいけません。でも、ブリーダーしていると、救うどころか、殺されちゃうshockと思ってしまう獣医さんの話は山ほど聞かされます。本当に山ほどですよcoldsweats02

尿石症から尿毒症の状態で運び込まれた、ぐったりしている状態の猫の尿道閉塞を解除するため尿道に管を入れる際、いきなり鎮静剤をかけた獣医。意識が戻らないことから、門脈シャント(血管の奇形)による脳症という診断だ…おいっ!pout

咳をするので、そのあたりでは大きな病院にかかったが、一か月もの間、弱い抗生剤と胃薬を処方するだけで、毎週通院させ、「猫の肺炎はレントゲンには映らない」とレントゲンひとつとらず(じゃあ、世の中の猫の肺炎は、一体なにで診断しているの??)、飼い主さんが胸に耳をあてると異音がするといっているのに、聴診器で問題ないと言い続け、しかも、感染症の疑いと言いながらワクチンをうってしまう。飼い主さんの強い希望でレントゲンをとったら、案の定、肺は真っ白。そこで初めて慌て、「この子は一生、このままです。なので、もう通院の必要はありません。薬は、あなたたちが飲ませたいときまで飲ませればいいです」…ひどすぎる…sad この病院、○○○犬猫医療センターという県名を冠した病院で、担当医は循環器の専門医だそうだ。いったい、どういうことなのか??

ほかにも、猫に犬の7種混合ワクチンをうった獣医、赤血球と血小板の見分けができない病院。去勢手術なのに、(たぶん女の子と間違えて)開腹手術をしてしまい、尿道閉塞だったからと言い訳する獣医。心臓肥大と診断しておいて去勢手術しちゃう獣医…。もう、ほんと、なんなのsign02 いい加減にしてくれannoy

もう、こういう獣医たちに、まともな獣医になれと言っても無駄。

でも、対策は必要です。獣医を過信しないこと。おかしいと思ったら、セカンドオピニオンを。ブリーダーに相談するのも一つの手です。獣医療の専門家ではなくても、経験や情報は、いっぱい持っています。少なくても、「その獣医、おかしいんじゃない?」程度の判断はできます。

最初の事例の子は、市内だったので、うちが通っている獣医(浜松市中沢町 木俣動物病院)に転院してもらいました。いっときは安楽死も考えましたが、奇跡的に意識が戻り、いまは麻痺が残っていますが、飼い主さんの懸命の介護のおかげで、少しずついい方向に向かています。

次の事例も、木俣さんに通い、肺の状態はかなり回復し、薬の投与も終了しました。咳もなくなりました。

ワクチンでさえも、へっぽこ獣医にかかったら、ろくなことになりません。また、病院が大きければいいという問題ではありません。

猫の具合が悪くなり、駆け込んだ病院の獣医がろくでもなかったとき、病気だけでなく獣医さえもが、猫の命にとって敵になります。

大事なのは、飼い主さんが「猫を守れるのは自分だけ」という意識を強くもつことではないでしょうか。

獣医まかせにせず、獣医を過信せず、獣医の診察が適切かどうか、しっかり判断しようと努力する。それだけが、自分のペットを守る道だと思うこのごろです。

あ。ところで、キャットショーというものに一度は挑戦してみたいという方、10月4~5日、是非是非、ご検討くださいませhappy02 締切は9/27(土) 間もなくですdash

2014年6月12日 (木)

6月8日、CFAシェーデッドのショーに行ってきました

Blog_140612_1_2 梅雨に入りましたね~sad 入梅翌日の家の前の田んぼから大きな音。田植えです。この田んぼに水が入ると、南に面した子猫部屋の窓から、よく冷えた風が入るようになります。しばらく梅雨のぐずぐずした天気が続きますが、それでも、夏到来。いよいよ暑くなってきましたhappy01

そんな中、8日の日曜日にキャットショーに行ってきました。久しぶりのCFAのショーです。

出陳したのは、1か月前にオーナーさんのお宅にお引越ししたダルタニアン×ウェンディのBlog_140612_2息子のカムイくん。オーナーさんからプロショットを撮ってもらいたいと、以前からご要望がありました。

キャットショーに出陳できるのは4か月から。プロショットは、まずは貴重な子猫時代のものがほしいですものね。4か月になってすぐの8日に、ジャパン・シェーデッド・ファンシャーズさんのキャットショーがあり、カメラマンは山崎哲さんということで、こちらのショーに出陳することになりました。そして、かねてから、哲さんに撮影してもらいたかったオーナーさん夫婦もお誘いしました。

ただ、カムイくんのオーナーさんは、この日、お仕事でショーには行けません。しかも、4日から名古屋にお出かけということでしたが、途中でカムイくんをうちまで連れてきていただき、預かることになりました。

実は、オーナーさん、劇団呼華(KOHANA)を経営されていて、ご本人も女優さん。女性だBlog_140612_3 けの劇団とのことで、劇場公演や、社会公益事業として全国老人ホームや児童施設で、レビューショーや子供劇を上演していらっしゃいます。とってもお忙しい方ですが、劇団のみなさんといつもご一緒なので、カムイくんは慣れない場所や人にもまったく平気で、とってもフレンドリーな子に育っています。

ショーの審査でも、いつもピンとしっぽをあげて、ジャッジさんにチュッとキスなんかしたりしてcoldsweats01、ジャッジさんから「なんか可愛い、この子!」とか「ズルいよね~」なんて言われ、(なんと!)ABのベスト、AB4位という実力以上の成績をいただきましたcatface

久々のCFAのショーでしたが、とても楽しめました。TICAと違って、出陳頭数に関わらずファイナルには10頭表彰されるのがいいですね。だから、10位以内に入れば、リング毎にロゼットをもらえることになります。カムイくんも、あと3本もらい、合計5本のロゼットをいただきました。シェーデッドは小さなショーなので、ロゼットは決して豪勢なものではありませんが、それでも、TICAの、1本のロゼットにシールを貼る式のものに比べたら、感激度が全然違います。プレミアクラス(去勢避妊猫)で出陳したオーナーさんも、長毛のチャンピオン2位のチャンピオンリボンとロゼットをいただいていました。なんでも、おリボンいただけると嬉しいものですhappy01

さて、子猫情報をひとつ。4月22日生まれ、ゼルダの4番くんの里親さんが決まりました。お名前はLen(レン)くんです。3月15日生まれのQちゃんの2番くん(Leoくん)のオーナーさんが、レオくんをお引き取りにいらした際にお決めいただきましたhappy01

今日、子猫たちの撮影しました。HPの写真を近々更新します。…ん??前回も書いたようなsad はい!今回は必ずcoldsweats02

2014年2月20日 (木)

GCUキャットショーに行ってきました

Blog_140220_1_3 今月上旬、久しぶりに子猫が生まれました。ウェンディとヴァナディスの2胎、父猫は両方ともダルタニアンです。ただいまHPの更新作業中。明日ぐらいには更新できると思います。

さて、先週、先々週と続いて、関東、関西は大変な大雪でした。浜松はというと…全く降らず!そうなんです。浜松って、めったに雪は積もらないんですね。

そんな大雪のまっただ中、15~16日とグローバルキャットユニオンのキャットショーに行ってきました。Blog_140220_2_3

「浜松から大変でしたね~」なんて言われましたが、新幹線はほぼ順調に東京に到着し、東京駅でのタクシー待ちの長蛇の列には驚きましたが、案外予定どおりに会場に入りました。でも、東京はまるでスキー場のようでしたcoldsweats02 (写真は会場前の道路です)

一部のジャッジさんと多くの出陳者が来れなかったのですが、それでもショーは開催されました。

Blog_140220_3_2 うちはオリちゃん(Dorrymama Olivia)で参加です。タイプも性格もいいので、超気に入ってますlovely でも、スリムな体型なので、身体の大きな男の子と並ぶと評価されませんweep ファイナル数は、今回でようやくグランドチャンピオンの資格がとれました。やれやれgawk

通常、2日間のショーのときは、猫の世話をするため、いったん帰り、翌朝、また浜松から通います。でも、今回の天候では、帰れない可能性が高かったので、近所の父親に猫の世話を頼み、久しぶりに一泊しました。

Blog_140220_4_2 オリちゃんとははじめてのお泊り。猫のお泊りには、このようなテントを使います。会場のテントよりは少しは大きめです。

Blog_140220_5_2 オリちゃんはテントの中で、mamu-taさんで購入したおもちゃで、ずっと遊んでいました。これ、なんだっけ??確か、ダンダラトカゲ…?なんだか、よくわからないけど可愛Blog_140220_6_3heart01しっぽに紫の鈴をつけてもらいました。

キャットショーに来ると、つい散財しちゃうbearing ふ~じこちゃんのお店で、いつものBlog_140220_7_2 ぽんぽんベッドに屋根がついているベッドを発見!さっそく、歳をとって寒がりになったファーファ用につくってもらい、今日、届きました。

ポンポンベッドは、とてもおすすめです。洗濯機でネットにも入れずにガラガラ洗っても、型崩れせず丈夫です。

ところで、最近、キャットショーはフィヨルドくん(エンディミオン×メリーベル)のオーナーさんと一緒に出陳してます。Blog_140220_8_4 頭のいいフィヨルドくんには、ショーが楽しいところではないことが前回からバレまして、とてもブルーな雰囲気shock なので、今回はお供にルークくん(イッサ×ウェンディ)と一緒です。ちょっとご機嫌が治ったようですよwinkBlog_140220_9_2

今年のノルのアルターは、とても熾烈です。今回も6頭もいましたcoldsweats02 
フィヨルドくんは、とても魅力的な子ですが、欠点も多く、成績が悪くてオーナーさんに、いつも申し訳なく思っちゃうのだけれど、成績悪くても、なんだか、オーナーさんはとても楽しげ。楽しければ、まいっかcoldsweats01

2013年7月 5日 (金)

ほぼ一か月ぶりにHP更新します

Blog_1307051_2 今年、うちに巣をつくっているつばめは大雑把な性格のようですcoldsweats01 早朝、ゴミ出しで玄関をでたら、ながーい枯れた茎が、天上からぶらぶら。なんじゃこりゃ??と思ったら、つばめが巣作りで使ったもの。邪魔なんですけど…gawk とはいえ、引っ張って、もしも巣が壊れたらかわいそうだ。というわけで、放置することに。やれやれ…。

前回のブログで、体調が悪いとボヤいたら、多くの方にご心配をおかけしてしまい、メールをたくさんいただきました。すみません。そして、ありがとうございましたm(__)m

更年期障害で苦しんだ方は多いのですね。私だけじゃないのね。いや、たぶん、私が格段と根性なしなだけなのかも。頑張らなきゃsign01

子猫が、ずいぶん、大きくなってきました。
Litter71~73のまだ決まっていない子のほとんどは、お値段さげられます。いつかは、憧れのノルウェージャンを…と思っていらっしゃる方。この機会に、是非、お問い合わせくださいませhappy01 そうでなくても、うちはずいぶん安いらしいですよ。お問い合わせされた方が驚いていらっしゃいました。あ、でも、ちゃんとしたキャッテリーですから、ご安心くださいませね。
一応、昨年度のTICAアジア地区の子猫部門1位は、うちの子です(えっへんcatface

Blog_1307052
そう。昨年度のアワード入賞猫の発表がありました。
ギルギルこと、Herbalmeow The Hero King Gilgameshくんは、キツン(子猫部門)の1位、成猫部門の8位、同じく成猫の長毛部門6位という、私のブリード人生で最高の成績でした。
いろいろ、すったもんだありましたが、とにかく、一年が終わりました。本当にご苦労さまでした、ギルくん。

そして、8か月ショーに走りましたが、まわりの方のご協力と応援あっての成績でした。特に、ショーのたびに車を預かってくださり、しかも駅まで送り迎えしてくださったDorry Mamaさん、そしてLittle Mewさん…ショーの荷物を預かってくださったり、ショー会場から東京駅まで送ってくださったり、出陳する予定のなかった最後のキャットショーにもおつきあいくださったり、本当に助けていただきました。Little Mewさんのおかげで、どれだけ心強かったことか。また、キツン最後のショーでポイントアップのために頭数協力してくださった、Dorry Mamaさん、Little Mewさん、Cherubinさん、Nordicuteさん、ありがとうございました。余分にシャンプーするだけでも、大変でしたもの。そして、「応援してるから!」と声をかけてくださった方々。本当に本当に、みなさん、ありがとうございました。

みなさんのときには、きっとご恩返しいたしますhappy01

さて、今晩、HPを更新します。まー、相変わらず更新のないHPで、ごめんなさい。

2013年4月29日 (月)

ショーナン、ECC、アクト…2012-2013年、ついに終了!

Blog_1304291

4月20日のショーナンのキャットショーは行かない予定でした。ECCの前週で、カタログ制作のために無理だと思ったので…。ただ、思うところあり、頑張ってみたくなりました。

Dorry Mamaさんに一日目のエイジェント(代理出陳)をお願いし、日曜日、頑張って行ってきました。
Dorry Mamaさん、急なお願いにご快諾くださいました。ありがとうございましたm(__)m
結果は上々heart01 前回からBOB(ブリード1位)をくださっている服部先生が、突然のファイナルベスト!「私が出したから??」と、なんとDorryMamaさん、服部先生に聞いたとか(爆) そして、フランスからご招待のPascal Remyジャッジ。ファイナルの2位を両日ともいただきました。フランスだから、アメリカラインはお好みではないのでは?と思っていましたが、「こんな美しいノルウェージャンは見られない」と絶賛でした。結果、SPをアブセントしても、ポイントは成猫部門の2位でした。

そして、翌週、ホームグランドのECC。ただ、2日も家を空けるのは、ファーファが心配。またも、DorryMamaさんにエイジェントをお願いしてしまいました。この土曜日、事情により、なんと、たった2人で5頭の猫を出すはめになったとかcoldsweats02 もちろん、そのうちの1頭はギルたん。本当にお世話をおかけしましたm(__)m。そして、おかげさまで、なんとか目標達成!…実は、目標とは、Intenationalのノルの3位でしたshine

そして、その翌日、29日月曜日。今期最後のショー、アクト・キャットクラブです。ギルたん、3日連続bearing でも、今期、頭数が異様に多いアクト。しかも、ジャッジさんが、ギルたんにBOBをくださる方ばかり。いかなきゃいけないでしょ!

結果は…。実は、最後のショーでこけました。多くは語れないけど、やられましたsad 結果的には、このショーには出ても出なくても、順位は変わらなかったのです。ギルたんに無理を強いて、この結果…。ほんと、欲張った報いでしょうねweep

ただ、このショーにお付き合いくださったLittleMewさんには、本当に感謝しています。荷物を預かってくれて、東京駅まで送ってくれて、しかも、荷物の返送が間に合わなかったので、それもお願いしてしまったのです…あつかましすぎbearing 本当に本当にありがとうございましたm(__)m

とにもかくにも、2012-2013のショーシーズンは終了です。みなさん、そして、なにより、猫ちゃんたち、お疲れ様でした。

私も、お金も体力も限界を超えました。キャットショーに出かける日は、3時に起きて、猫部屋の掃除をして出かけます。2日あるショーの場合は、新幹線で往復します。最後の一か月は、突然、下唇に強い痺れが生じ、飲み物がうまく飲めないほどでした。どうも、睡眠障害の症状らしいです。無理がきかない…歳を感じますtyphoon

本当に、まわりの方たちに助けられ、今期のショーを走り切りました。みなさま、ありがとうございました。

初めてキャットショーに出陳したのは、2001年。それから鳴かず飛ばずの12年を経て、今期は、キャットショーの楽しさ、大変さ、そして汚れの部分も、あらためて経験した一年でした。同時に、TICAアジアリジョンの将来が少々心配にもなっていますが、それでも、また、お金をためて、そして、いい猫をつくり、再びショーに行きたいと思います。

2013年4月13日 (土)

ミシェルくんと一緒に出陳 JCL

Blog_1304131AJCのあと、ショーを2つパスして、JCLに行ってきました。

このショーは、2012年7月生まれのダルタニアン×ヴァナディスの息子、ミシェルくんと一緒に参加しました。オーナーさんは、「猫カタログ」に載りたいという野望catfaceを持ってらして、猫カタログ・カメラマンの大地さんがくるJCLさんをチョイスしてのショー・デヴューです。大地さんに撮影してもらっても、猫カタログに掲載されるとは限らないですけどね。買わないと当たらない宝くじと一緒で、撮影してもらわないことには、掲載されることは絶対にないわけだから、まー撮っときましょう。

8か月でのショー・デヴューにしては、とてもいい子にできたミシェルくん。感心感心heart04
ただ、この時期にショー・デヴューしても、成績は全く期待できません。5月~翌年4月がショーシーズンの1年間。4月は最終月ですから、ショーにはアワードめざしている猫と協力出陳の猫しか出てきません。それはどうかと思うところですが、アワードに関係ない猫は、ほとんど勝ち目がないからです。

Blog_1304132
Blog_1304133それでも、長田ジャッジからはロングヘアの5位。大泉ジャッジからは全猫種の2位をいただきましたよ。よかったね、ミシェルくん。




Blog_1304134
肝心の大地さんの撮影はというと、特異な状況に怖がってしまったミシェルくん。なかなかいいポーズが撮れなかったと、オーナーさんががっかりされていたけど、できあがってきたら、なかなか、いい感じです。こうしてみると、ダルタニアンによく似ています。

実は、オーナーさんのお宅には、もう1頭、ミシェルの兄弟のラファエルくんもいます。今回は初めてだったので、無理しないでミシェルくんだけの出陳でしたが、次は、ラファエルくんも一緒に、今度は山崎哲さんに撮ってもらいましょう。そして、その後は、世界一のカメラマン、シャナンにも撮ってもらいましょうね、という話になっています。

オーナーさんは、初めてのショーで、とても緊張されていましたが、すごく楽しかったと喜んでくれました。ミシェルくんが勇敢だったのも新鮮な驚きだったようです。

ショーキャットの並ぶ審査はもちろん、プロのカメラマンの撮影や、手作りおもちゃのお店などなど、キャットショーには楽しみがたくさん。多くの人が、もっと気軽に参加してもらえるといいなと思います。

ころころと走っていたおちびさんが、こんなに立派な姿になって再会できたことは、本当に嬉しいことです。お友達のブリーダーさんからも、とてもいい子だと褒めてもらえました。また是非、一緒に行きましょうね。

danger記事を時系列に並べたいので、さかのぼって、話題の当日の日付にしていますが、この記事は実は6月に投稿しています。