フォト

リンク

無料ブログはココログ

飼育に関する知識・情報

2017年11月28日 (火)

薬をストレスなく飲んでもらう

Blog_1711281 昨日、退院してきましたよ。思ったより早く退院できて、よかったhappy01
寝室でひとりっきりだったイッサは、予想どおりの甘えっぷり。なかなか膝から降りてくれません。降ろすと哀しそうな顔をします。

ただ、手術した後の痛みは、徐々によくなっているものの依然あるし、長く座っていると痛くなるし、そうはいっても、猫が地獄のように汚すのも放っておけないし…sad

入院中の術前、いえ術後と比べても、時間は圧倒的にとれなくなってきます。これから、やはり、ブログの更新頻度は下がりそうです。

今回の記事は、よくある猫のオーナーさんの困りごと。
猫が「薬を飲んでくれない」。

ネットにいくらでも情報があるので、参考にしてみましょう。ここがわかりやすいです。
読み進めていくと、「フォロー」という項目に、錠剤は食道に滞留して、なかなか胃におちないので、スプーン一杯(5cc)の水をシリンジで飲ませる、とあります。

5ccって、猫には相当な量です。そして、強制的に水を飲ませるのは、実はかなりの注意が必要です。もちろん、ご紹介の記事にも書いてあります。それは「誤嚥」の危険です。肺炎にもつながるので、本当に注意が必要ですよ。

ゆっくり少しずつ、注意深く飲ませましょう。

でも、そんなことしていると、猫はそのうち嫌がって暴れることがあります。っていうか、ほぼ、そうなりますよwobbly で、その対策として、うちではコンデンスミルクを使っています。猫は甘さを感じないといいますが、脂肪分が好みなのか、ほとんどの子が大好きです。
注意点としては、5ccのコンデンスミルク水をつくるとき、水の量はほんとうに微量です。シリンジで吸える程度のゆるさにするためだけに水をちょびっと加えて撹拌します。でないと、やっぱり美味しくないみたい。

それにしても5ccは猫には多すぎる量なので、目標3ccぐらいにして、あまり無理しないほうがいいでしょう。トラウマになられるのが一番困るので。

よく、獣医さんは錠剤を粉にして処方したりします。ただ、苦い薬も粉にしてくれる場合があります。ウェットフードに混ぜて食べさせて…というのですが。

そもそも、調子が悪くって薬がでているので、食欲がそれほどない場合もあるし、確実に薬をとらせる場合は、混ぜたとしても、ごく少量のウェットフードに薬を混ぜて食べさせることになりますが、苦い薬を混ぜたご飯など、猫は食べません。

だったら、錠剤のまま飲ませたほうが楽です。やたら、粉にするなよangry ちなみに私はピンセットを使っています。子猫の口は小さいので、太い指だと狙ったところに落としづらく、また、薬は喉の奥のほうに入れてしまうので。ただ、これをすすめても、みなさん、「怖くて、とてもできない」と言われます。まあ、慣れないとね…coldsweats01

ただ、苦さの程度によっては、粉でもいけるかも。コンデンスミルクに混ぜてしまい、微量の水でとかして、シリンジで吸い上げ、飲ませます。苦さの程度によっては、コンデンスミルクに混ぜて、指で口の中、上顎に塗りつけたほうがいい場合もあります。
それでは、錠剤で処方されたけど、粉にしたい場合どうするか。ピルクラッシャーなるものも売っていますよ。キレイに粉になります。でも、もっと、簡単な方法があります。

Blog_1711282 大小2つのスプーンを用意します。軽量スプーンがいいです。100均で充分。大きいほうに錠剤を置きます。小さいスプーンの背でつぶすだけです。キレイ に粉になりますよ。

Blog_1711283_2 あまり勢いよく潰すと、割れた錠剤が飛び散るので、最初は慎重に。あとは、押しつぶす感じで、くるくると回すといいです。

Blog_1711285 苦くなければチュールに混ぜてあげてもいいし、誤嚥の恐れのある水で流し込む方法よりも、さらに簡単かもしれません。
猫の処方される薬の大きさは、ごく小さいので、ピルクラッシャーを使うほど大げさにしなくても、このほうが手軽に粉になりますよ。

また、上級編になりますが、苦い薬は、カプセルに入れるという手もあります。空のカプセルはドラッグストアで売っています。最小は5号。長さ11.4mm、外径4.66mm。飲ませやすいサイズです。小さすぎても飲ませにくいので。

Blog_1711286 ただ、これに薬を入れるのが一苦労。なので、上級編です。カプセルも高いしsad
うちでは、ストローを使って入れていますが、私、不器用なんで、マジ難しい。手持ちでいい画像もないので、参考にしにくいと思いますが…coldsweats01 見てのとおり、粉も散らばっていますし、なかなかうまく入りません。改良の余地があります。

2017年11月22日 (水)

手術終わりました\(^o^)/

Blog_1711221_3 のっけから、動画のご紹介。感動するから見てみてください。手術後、あまり動けないでいた間、ずっとスマホで動画をみて過ごしていました。みなさんにもご紹介したいものがいくつもあり、これもそのひとつ。

17日金曜日、無事手術が終わり、昨日、やっと個室に戻ってきました。

手術は5時間の予定でしたが、検査などで予想されていたより大変だったらしく7時間もかかってしまったようです。開腹手術に切り替えるかもといわれていましたが、それでも腹腔鏡でできたので、ちょっと早く退院できるかな~??と根拠の薄い期待をしていますcatface

手術後→ICU→管理個室の間、辛かったですweep 身体のあちこちから管がでていて、痛いし、吐き気はするし、ご飯はおとといから始まったのですが、この大食漢が「別にいらん」と思うほど、食欲はなかったです。昨日の昼から3分粥になり、おかずがついてきましたが、なぜかいきなりの大量飯coldsweats02 残すということが嫌いなんで、どうしても挑戦してしまいます。いまのところ、ご飯は全て完食。お医者さん、看護士さん、お見舞いに来てくださる方みなさんに驚かれるほど元気です。「ちゃんと痛いんですか?」なんて、おちゃめな担当のお医者さんが聞いてきたり…coldsweats02 痛いですよ。笑うと痛いんだから笑わさんでくれcoldsweats01

冒頭の動画、感動しましたか?過酷な生涯を送る盲導犬ですが、45日から1歳までの一番可愛い時期を預かったパピーウォーカー(盲導犬ボランティア)さんのお宅が余生をうちで、と引き取るというお話です。11年もたっていたのに、名前を呼ばれたら、嬉しそうに走り出した姿をみて、誰しも「覚えていたんだーsign01」と叫んでしまうと思います。犬も、もちろん猫も、人とは感じ方が当然違っていても、人と同じく、喜びも悲しみも、寂しさも、再会の嬉しさも、ちゃんと、とても感性豊かに感じる生き物なんだと、あらためて思う動画です。

Blog_1711222 さあ次です。実は、こちらこそが見ていただきたかった動画です。ちょっと、覚悟がいりますよ。私も、体調のいいときでないとみることはできない動画です。でも、ペットを飼う方全員に、どうしても見ていただきたい動画です。

こんなこと言う必要もないことですが、犬のお話であっても猫も同じですよ。猫だから感情が希薄ということはありませんからね。感情の表現が犬とは違うだけです。

以前、動物病院で待っていたら、引越しをするからと老犬を獣医に渡して、泣きながら帰って行った人がいました。意味がわからなかったのですが、安楽死を依頼したということでした。その犬の死因は、飼い主の引越しでした…という動画もありましたねぇ…。

事情はあれども、命と引越しを秤にかけることができることに理解も共感もできないです。知性に欠けているとさえ思ってします。

今回、手術、入院するにあたって、大量の猫の世話をどうするか苦慮しましたが、家政婦さんをお願いして、あとDorry Mamaさんのフォローで、なんとか2週間をのりきろうとしています。
でも、猫が嫌いだという知人夫婦は、入院前、「猫をやめろ」と説得に来ました。やめろって、保健所にでも持って行けとでも??と聞けば、あたりまえだろ、と。普通、そうすると。

これが一般の方の考え方なら、どんなに多くの人が殺処分ゼロを願っても、願いがかなうことはない。だって、この知人ご夫婦も犬を飼いたいって言ってたから。可愛い子犬を飼って、でも、自分の都合で飼育がムリと判断したら、殺処分。だって、「あたりまえ」だから。

そうかいそうかい。いいよ。そう考えても。でも、そう考える人は、絶対にいきものを飼わないで。そんな人に選ばれた子が可哀想だ。選ばれたがために悲惨です。

引越しで安楽死されたわんちゃん。死因は「飼い主の引越し」なら、飼い主によって殺されたって、ことですね。

自分の都合で保健所あたりまえと思う方。殺すために飼うのかとは思わないけど、殺すことになるかもしれないんだから、どうぞ飼わないで。

まわりで、犬を飼おうか、猫を飼おうかと言っている人がいたら、是非是非、この動画をみてもらってください。

本当に、最も酷いのは、命をないがしろにできる人がペットを飼うことです。

2016年4月12日 (火)

餅は餅屋。心疾患は「獣医循環器認定医」へ

Blog_160411_1 いや~coldsweats02 ノル・ブーム?だんだん、実感してきました。ありがたいことではありますが、お問い合わせの多さに戸惑っております。対応の方針も少し修正が必要になってきました。スピードも大事ですね。先のご見学などで、ご検討をお待ちいただくことも多く、あまり上手くいっていません。ごめんなさい。考えます。

さて、3月7日生まれの子猫たちは離乳を開始しました。元気に跳ねたり走ったりしています。人なつっこい子たちで、育てていて、とても楽しいです。

人懐っこいのはいいけど、集合写真が大変wobbly こっちにパタパタ寄ってきちゃう。撮れませBlog_160411_2 ~んcrying なので、サイトの集合写真は禁じ手のベッドを使ってしまいました。案の定、なんじゃこりゃな写真です。とほほbearing ほかの写真で一番いいのが最初の写真。わははcoldsweats01

さてさて。そんな中、お渡しした子猫のことで、2月中旬から、ある問題が起きていました。

6ヶ月齢になるので避妊手術をするということで、術前検査でレントゲンを撮ったら「バレンタインハート」だと言われたというのです。…えぇっsign02

バレンタインハート。つまり、左心房がうっ血して拡張している状態です。左心室の心壁が厚くなり、心室が狭くなって起ります。いわゆる心臓肥大です。

BNP検査の結果は50。正常。その他の血液検査は一般、生化学とも異常値はなく、診断は「いまは大丈夫だが、今後肥大していく。術後は強心剤を使いましょう」ということで、手術決行。術後に出たのは、強心剤ではなく、ヘルベッサーという薬。心拍数を抑える目的で使います。

いやいやいやcoldsweats02 心拍数高くねーし!だいいち、バレンタインハートなんでしょ?左心房がうっ血してるんでしょ?なんで手術するの??

…やっちゃったものはしょうがないけど、正直、無事だと聞くまで、頭抱えてましたよbearing

心配で心配で、うちが通っている獣医さんに、いろいろ聞いてしまいました。この獣医さん、すごく丁寧に質問に答えてくれます。いつも、とても勉強になっています。

「レントゲンだけで心肥大の診断はできない。エコーが必要」とのこと。そーか!オーナーさんに伝えよう!そんな薬飲ませる前に!

ところが、「幼すぎてエコーみてもわからない。見ろと言われれば見るけど」との答え。

…3kgある子なんですけど。猫の体格なんて、たいていそんなもの。ということは、猫はエコーみれないってこと??

あははははcoldsweats01 もう~、またかいな…。

エコー見れない獣医の多いこと。

どういうことなのかなぁ。獣医大学の責任?獣医教育のシステムって、上手くいってる??

「心疾患の診断では、エコーはゴールドスタンダードです」うちが通っている獣医さん。

ゴールドスタンダードは医療用語のようです。ある疾患を診断するときに最も信頼性が高く「決め手」になる検査のことだそうです。

「エコーなくして、心疾患の診断はできません。私もエコーは見れますが、心疾患を疑う場合には、念のために獣医循環器認定医の井口先生のところでエコーを見てもらうことにしています」

獣医循環器認定医

はー。そういう認定制度が獣医さんにもあるのね。

調べてもらったら、静岡県には循環器専門医はお二人しかいません。
富士宮の稲葉獣医医院と浜松のいぐち動物病院

オーナーさんは、うちから車で2時間ぐらい走る距離にお住まいですが、直近には循環器専門医はいないので、浜松まできて診察することになりました。もちろん、私も立ち会いました。

結果からいうと、全く正常でした。

よかったーsign03 あー、よかったcrying どんだけ心配したことか。

それにしても、井口先生のお話は、とっても勉強になりました。私一人で聞くのがもったいないぐらい。

以前にも、オーナーさんのところで心肥大と言われた子がいて利尿剤まで飲んでいましたが、状況から私は誤診だと確信しています。ノルは体温が逃げにくいコートの構造をしているせいで、ちょっと気温が高い環境で走りまわると開口呼吸をすることがあります。それで心疾患を疑われます。今回のオーナーさんのところの獣医さんも「ノルは多い」と言っているようです。いや、正常な子にヘルベッサーを出す獣医さんに、それ言われても…coldsweats01

けれど、今回の事件で、心臓の診断がいかに難しいかがわかりました。

レントゲンでバレンタインハードに見えたということだけれど、猫の身体の角度次第で、そううつることがあるそうです。

レントゲンでバレンタインハートに見えたら心肥大を疑うのは正解だけれど、それだけでは診断できない。今回も、全く正常だったのだから。正常な子が心肥大だと言われ、利尿剤、強心剤を投与されている猫が、もしかしたら、たくさんいるかもしれない…ぞっとしますshock

ちなみに、ヘルベッサーは、最近は効果が疑われ、使われない薬だそうです。私はヘルベッサーなんて、正常な子が飲んだらどうなるのか心配だったけれど、うちが通っている獣医さんは「大丈夫です」…それはそれで、正常な子が飲んでも大丈夫な薬が、本当に心肥大の子が飲んで、効果があるのか?? いや、だからないのか(笑)

井口先生は、「僕は心臓は診れます。でも、骨折は手術できません。提携の病院で手術してもらいます」とおっしゃっていました。専門医ということはそういうことなんですね。

今まで、オーナーさんには混んでいる大きな病院がいい病院と言ってきましたが、訂正します。

いい病院は、提携病院の多いところ。判断が正しく、必要に応じて、別の病院を紹介してくれるところ。

いぐち動物病院では、心臓の検査(エコー、レントゲン、血液検査)を1万5千円でやってくれるそうです。そして、びっくりしたのが、避妊手術(2万円ぐらいだそうです)の中にセットで、この検査が入っているとのことcoldsweats02 「僕の趣味です」だって。すげーよhappy02

やっぱり、知らずに麻酔かけて亡くなる事例がけっこうあるとのこと。…だよね。今回の子も、誤診ではなく、本当にバレンタインハートで左心房がうっ血していたら、避妊手術なんてしたら死んでたかも…。誤診でよかった。誤診でなかったら、異常に気付きながら手術して死にましたってなんてことになったら、どうするつもりなんだろう…。頭おかしくなりそうよgawk

心肥大の状態でも無症状なことが多く、また、検査で心壁が厚いことがわかっても、心房のうっ血などがなければ治療の必要はないそうです。けれど、症状は突然現れるので、経過観察の必要があり、検査は重要です。

なぜといえば、心肥大は必ず、先天性だそうです。だから、症状のない健康な若いうち(1~2歳ぐらい)に検査をして、心臓の状態を把握するのはいいことです。異常があれば、今後気を付けるし、なければ安心。

でも、心臓は「獣医循環器認定医」でsign03
そして、心臓の診断はエコーなくしてできません。はい。ここ、試験にでま~すsign01

一度、「○○県 獣医循環器認定医」で検索してみてね。ほかの認定医みたいに学会のサイトで一覧があるといいのだけれど、日本獣医循環器学会には、認定試験の合格者一覧しかありません。

2016年2月 7日 (日)

ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(1)

Blog_160207_1昨年末12月31日に生まれた子猫たちが離乳食を始めて1週間。順調に成長していますhappy01

写真左端でお腹をみせているのは、ヴィキたん。昨年9月産まれのファルコンとヴァナちゃんの子猫です。ファルコンのお父さん業卒業にともない、うちに残ることになりました。両親の性格を引き継いで、めちゃくちゃ甘えん坊。そして、ちょっとアホです。coldsweats01

ここで、子猫情報。Litter101(12/31生まれ)の子猫のうち、1番くんと2番くんが決まりましBlog_160207_2 た。


Blog_160207_3_2 3番くん、4番くんは引き続き、里親さんを募集しています。お膝好きデュオですheart01                 

              



Blog_160207_4 そして、あらたに里親募集を始める子猫の情報です。

1月21日生まれ、ギルガメッシュ×ルチルの子猫たちです。今日、明日でサイトを更新して、募集を開始します。久々に、カラーの多い子たちです。




さて、今日のトピックは、猫の食事の話。これは案外、大きなテーマなので、小出しにしていきたいと思います。

ちなみに、「食事」って書きましたが、日本語的には「食餌」のほうがあっているのかも。犬や猫をペットって言うな的なことは、実はどうでもいい派ですが、あえて、ここは拘って、「食事」としたい

猫は肉食動物なのに、なぜにドライフードには、とうもろこしとか米などの穀類が入ってるんだろうか?

なぜ、この疑問が生じたかというと、世の中、食物アレルギーの猫が増えてきたからです。

症状は様々。下痢、嘔吐、皮膚疾患…。全部、食事のせいにもできないけど、肝臓疾患、膵炎、糖尿病。

猫の病気のことを調べていくと、行きつくのは、いつも「食事」

そして、ドライフードに疑問が生じたのは、キャットクラブの獣医師セミナーでの「猫には生肉を」というお話(実は、私は参加していないので、また聞きですがcoldsweats01)。

そうだよね。猫は肉食だもんね。

ちなみに肉食動物の定義をウィキで見てみると、「他の動物を捕食する動物」というのは誤解で、「生きた動物を食べる動物」のことを言うのだそうです。ここ、わざわざ訂正しているということは大きな意味がありそうです。

肉食だから肉だけを与えればいいが、加熱した肉では必要な酵素が壊れるので、生肉がいい…という話は聞いたことがあります。
でも、生肉であっても、死んだ肉は死後硬直により変化しているため、得られるはずの栄養素が得られないという記事(炭水化物の項を参照;わかりやすくて勉強になります)をみつけました。なので、炭水化物で補うことになったとあります。

これは、あるフードメーカーに疑問をぶつけてみたときに、返ってきた答えでもあります。「猫にも炭水化物は必要なんです」と言っていました。

ただし、その説明によると…。猫が捕食するねずみが食べて胃の中で消化中の穀類は、間接的に猫の体内に入ることになる。本来、穀類を消化できない猫だが、そういう形であれば消化できる。製法技術で、とうもろこしを消化できる形にしてドライフードに含んでいる。

ざっというとこんな意味ですが、正直、だからって、この分量必要??と思いました。

ある子猫フードの成分(保証分析値)です。

たんぱく質 34.0 %以上
脂質 16.0 %以上
粗繊維 3.2 %以下
灰分 7.9 %以下
水分 6.5 %以下
(でも、このフードも悪いものではないです。食いつきもいいし、総じて便の調子もいい)

これだと炭水化物の量がわかりません。猫のフードの成分について、ここが勉強になります。

炭水化物(%)=100-水分(%)-タンパク質(%)-脂質(%)-灰分(%)とのことなので、先の成分値から計算すると、炭水化物の量は35.6%。

…いくらなんでも、ねずみの身体の3割以上が炭水化物ってことはないでしょうよcoldsweats02

ネズミの体組成を調べてみると、炭水化物は1.2%とのこと。そうだろうね…。

結局、ドライフードの3割以上が炭水化物なのは、製法上の理由なのでしょう。「つなぎとして必要なんです」って言ってたもの。

それにしても、ドライフード中の炭水化物の量は多すぎやしませんか??

タンパク質だって、34%以上って、なっているけど、穀類にもグルテンというたんぱく質が含まれているんだから、しかも、「とうもろこし」とは別に「コーングルテン」って書いてあるからね~。

「タンパク質34%以上」のうちの、どれだけが動物性蛋白質かはわかりません。

そして、「コーングルテン」とかの植物性たんぱく質は猫に不要なんじゃないの??


(同フードの原材料)
家禽*ミート、、植物性分離タンパク**、動物性脂肪、とうもろこし、加水分解動物性タンパク、コーングルテン、植物性繊維、ビートパルプ、魚油、酵母、大豆油、オオバコ種皮・種子、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、P、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

そもそも、先に紹介したウィキでも「猫のような肉食動物は、糖新生の酵素活性が高く、タンパク質から分解されて得られた糖原性アミノ酸から糖新生を行って体内で必要な糖分を生成している」ってあるから、猫は肉たべてエネルギーにすることができるってこと。やっぱ、炭水化物は、少なくても、こんなにたくさん必要ないはず。

炭水化物の過剰摂取…ドライフードの大きな問題はこれではないでしょうか。


本来、肉食動物である猫なのに、3割も炭水化物が含まれるご飯を与えられて、それでも、なんとか消化できる個体はいいけど、そうでない場合、健康で生涯を送るのは難しいかも。

かといって、うちみたいな頭数だと、肉の生食を全員にあげるのって、経済的にも労力的にも無理wobbly ごめん、猫たちcrying

せめて、穀物フリーのフードにしてみようかな…なんて思って、食物アレルギーだけど処方食を食べてくれない子に、ある穀物フリーのフードのサンプルをあげてみたんだけど、その途端に、思いっきり下痢。便は、あきらかに消化されていない感じ。

悪いのは穀類じゃないの??違うの??じゃあ、なに??

わからない~bearing

ちなみに、ネットなどで猫のアレルギー検査をして、あれとこれが原因だったとかってあるけど、うちが通っている2か所の獣医さんによると、猫のアレルギー検査は、いま現在は有効な方法がないとのこと。でも1年ぐらいすると、検査ができるようになるという情報がありました。…いくらかな~1万?2万??なんとか5000円ぐらいでお願いbearing

2016年1月31日 (日)

薬を上手に飲ませるには

Blog_160131_1 前回の更新時に、再募集した子猫2頭も里親さんが決まり、お渡しも無事すみました。左の写真はオーナーさんからいただきました。

9/12生まれ、ライラの1番ちゃんはココちゃんというお名前になりました。

10/7生まれ、Qちゃんの4番くんは、いちごくんというお名前になりました。一期一会の「いちご」だそうです。

Blog_160131_2_2  子猫部屋は、しばしの間、静かになりました。掃除も楽でしたconfident …もつかのま、今日、新たに子猫の離乳が始まりました。

 12月31日にワンダが4頭の子猫を出産しました。父猫はハルクです。男の子ばかり4頭兄弟。明日、撮影し、HPにアップします。右の写真は1月19日撮影です。

 今年は暖冬…と思いきや、いきなり雪が積もったり、今日なんて、春がきたかと思うような暖かさ。気温の差が激しくて、猫たちも体調を崩すのか、ここのところ、オーナーさんからのご相談が多いです。

 風邪にしても、膀胱炎にしても、体調を崩して獣医さんにかかると、薬が処方されます。薬、上手に飲ませることができますか?

 ご相談のなかで、まいっちゃうな~と思うのが、やたらと粉薬にして処方されること。ウェットフードに混ぜて…ということだろうけど、食欲がないケースもあるし、ウェットフードが好きではない子もいるし、すぐに飲ませたくても食事の時間まで飲ませられない。まして、苦い薬が粉薬にされたら最悪bearing 

 もうずっと前の話だけれど、オーナーさんからの電話で、獣医で薬が処方されて、飲ませたけれど、口から泡をぶくぶくふいて、走り回って、おえおえしてますっshock って。オーナーさんもパニック。

 それは薬が苦いのよ、って言ったら「こんな苦い薬を平気でよこす獣医って、どうなんでしょう!pout」とおかんむり。まあ、気持ちはわかります。

 でも、苦くてもからくても、薬は飲ませないといけません。問題は、オーナーさんや猫のストレスに配慮せず、ただ薬を渡す獣医さん。飲ませられなかったら治療もできないんだから、少しは考えてほしいものです。

 錠剤を飲ませる方法はこちらが参考になります。

 錠剤の場合、飲ませた後に水をシリンジで飲ませたほうがいいです。薬をなるべく早く胃に落とすためです。食道にとどまっていると、炎症を起こす薬も中にはあるので。

 水の代わりに、コンデンスミルクをほんの少しの水でゆるくしたものを飲ませてもいいです。猫は大喜びするので、投薬を嫌がらなくなります。いずれにしてもシリンジが必要なので、獣医さんに分けてもらうといいでしょう。また、誤嚥(誤って気管にはいってしまう)に注意して、少しずつ舐めさせるように飲ませてください。

 もちろん、食欲があり、ウェットフードが好きで、薬は無味無臭…という条件が全て満たされていれば、粉薬を混ぜて食べさせる方法もOKです。

 さて、問題は、苦い薬のときです。毎日、泡ぶくぶくの刑ですよcrying 嫌われること必至です。

 苦い薬は、オブラートに包む方法もありますが、最近私は、カプセルを使っています。成猫なら1号のサイズで大丈夫です。薬が小さければ、その下の2号でもいいかも。

 苦い薬のときだけでなく、何種類もの薬を飲ませなければいけないときもカプセルに入れて、まとめてしまうと一回の投薬で済むので、猫のストレスも軽減できます。粉薬も、ウェットに混ぜてとか、水に溶いてとか面倒なので、カプセルに入れてしまいます。

 拡張型心筋症だったファーファには6種類もの薬を飲ませていました。朝晩2回。大変なストレスです。

 そこで、カプセルにまとめることを思いつきました。なにしろ6種類で、しかも大きな錠剤もあったので、カプセルは0号を使いました。ファーファは頭の大きな子でしたし、私も投薬には慣れていたので、その大きさでも楽勝に飲ませられました。朝晩、6回も口を開けさせて、飲ませられるより、ずっとストレスは少なかったと思います。食欲はあったので、ご飯の前に飲ませて、そのあと、ご飯をばくばく食べれば、水を飲ませる必要もありません。

 苦い薬を飲ませる必要があるときや、何種類もの薬を飲ませなければいけない方は、是非、やってみてください。

2015年8月19日 (水)

ノミ・ダニ予防スポット薬…とはいっても殺虫剤なんだよね

Blog_150819_1スマホが、もー、すごいボロボロになってしまいました。マイクロSDの蓋がいつのまにかなくなってセロテープで止めてたり。写真は、なぜか霧の中のようになっちゃうし。ありえないわ~sad

で、買い替えました。だから、撮りたいときに手軽に撮影できますhappy01 しかも、なかなかキレイに撮れるではないですかheart04(左の写真、新しいスマホで撮影しました)

最近、オーナーさんにお渡しするアルバムには全くスナップ写真がなかったのですが、これからは少しでもこういう日頃の様子が載せられると思います。

子猫情報です。6月25日生まれ、Litter95 ゼルダの1番くんが決まりました。オーBlog_150819_2_2ナーさんは、ペンライトがお気に召したようです。可愛いよね、ペンライトlovely

今日、夜までには、HPを更新できると思います。

さてさて、よくオーナーさんに、ノミ・ダニ予防のスポット薬を獣医さんにすすめられるけれど、どうなんでしょう。と聞かれます。

昔は、積極的にオーナーさんにお願いしていていました。やだbearing な~んにも考えてなかったんですねぇ…。

あれ、成分調べると、結局、殺虫剤なんですよね。当たり前か…。ノミ・ダニを殺すんだから。しかも経皮吸収方式っていうのがねぇ…(参考;経皮吸収とは

否定・肯定、両方の情報をご参考までに;
犬 フロントラインを安全に使うために

「安全に使うために…」のほうでは、「効果と副作用(リスク)のバランスをみることが大切だと思います」とあります。そのとおりだと思います。

うちは子猫をお譲りする際には、必ず、飼っている猫全てを完全室内飼いでお願いしています。なので、完全室内飼いということを前提にものを言いますが、そうそうノミ・ダニがつくものでもありません。

獣医さんでポスターや、ロビーのモニターなどで、室内飼いでもノミ・ダニがつくとか、ノミ・ダニを甘くみるな、命にかかわることも!…なんて、訴えていますが、もちろん、そういうこともあるだろうけど、毎日散歩に行く犬と違って、完全室内飼いの猫なら、そのリスクはかなり下がります。

効果とリスク。効果は、それはもう素晴らしいです。

そして、リスク。前述のサイトで、フロントラインによる事故にふれ、全11件、死亡例2件とのことですが「これが実際に起こっているすべてではないでしょうが、案外と少ないですね」としています。

少ないってcoldsweats02 あ、そう…。

もし、うちの子が、ノミ・ダニがつかないよう予防して、あげくに死んでしまったら、珍しい事例で片づけられない。余分なことして死なせてしまったと、すごい後悔すると思う。

あえて言うけど、たかがノミ!たかがダニ! 殺虫剤を皮膚に塗ってまで、予防しなきゃいけないことだろうか。

何度も書いているけど、こういうことは飼い主の選択です。それでも、ノミ・ダニついたら、絶対に困る!というかたは、使えばいい…かな?

確かに、長毛のノルにノミがついたら大変だ。毛刈りして、フロントラインで駆虫して、シャンプーして…。大騒ぎだshock

でも、そんな目にあわない可能性だって大きい。なにしろ、室内飼いですから。そのための室内飼いですから。

犬や猫の皮膚は、人の皮膚より、ずっと薄くてデリケートと言われています。「どうなんだろう」って迷っている人は、まずはご自分の皮膚に塗ってみては…。おすすめしませんが。

私は自分の首の後ろに、あんなものを塗るのは絶対に嫌だ。恐いです。ということは、とてもではないけれど、うちの子に必要もないのに、使うことはできないなぁbearing それが答えね。

それでもついてしまったら、「ごめんよ、ごめんよ」と謝りながらも使わなきゃいけないcrying そういう意味では、ノミ・ダニ確かに怖いっすcoldsweats02

2015年7月25日 (土)

ほんまでっか!? ノルのおしっこは臭くない!?(笑)

Blog_150725_1 まずは、いきなり子猫情報からです。

 Litter93 ウェンディの1番くんが決まりました。お名前は「メロ」くんです。兄弟のロキ(3番)くんをお引き取りにいらしたオーナーさんが、メロメロになってしまって、お持ち帰りになりましたhappy02 だからメロくんです。兄弟一緒のお引越しは、ストレスの軽減には一番。ありがたいことです。

 HPのリニューアル&「カラーの遺伝」Topicsの完成を済ませ、とりあえずホッとしています。まだまだ、やることいっぱいですが。

カラーの遺伝のページを作成するにあたり、かなり、いろいろ勉強しなおしました。ネットも、かなり検索しましたよ。当然ながら、参考になる情報は少なかったですがgawk

 その中で、直接、カラーの遺伝には関係ないのですが、面白い情報を偶然見つけました。
 それが、こちら。ページ中ほど「毛の長さ」の記事です。

 尿臭の原因物質フェリニンの濃度は、毛の長さに関係があり、ノルウェージャンが一番、尿中のフェリニン濃度が低かったという実験結果のことが紹介されています。

 そーなのsign02 よかった、やってたのがノルで(笑)

 確かに、キャットショーで、ベンチの近くで短毛の子がマーキングしたりすると、かなり臭いは強く感じますbearing

 フェリニンと被毛の両方に関係している「システイン」というアミノ酸があるらしいのですが、長毛の場合は、大量のシステインが被毛の成長に使われてしまうために尿中のフェリニンが少なくなるらしいとのこと。

 それにしても、ペルシャよりフェリニン濃度が低いとは…coldsweats02 ほんまかいなsign02

 でも、毛ぶいてないノルって、被毛が成長しないから臭いかもかもsign02(笑) まー、個体差あるんでしょうね。

 いずれにしても、去勢避妊していない猫が多いから、臭い臭い。どんだけ、次亜塩素酸水とティッシュを使うんだか…。一日中、マーキングとの戦いを繰り広げておりますcrying

2015年7月 1日 (水)

常識の非常識シリーズ第二弾…猫に首輪

Blog_150630_1朝5時に起きて掃除を始めないと、午前中に終わらない。なので、毎日、けっこう早起きです。早朝…というほどの早さではないけれど、あまり人もいないせいか、子猫部屋から見える田んぼには、ときどき、野鳥が観察できます。(笑)ど田舎です。最初の写真は、たぶん鷺です。

Blog_150630_2

Blog_150630_3こっちは鴨。この2羽は絶対つがい。1羽がふらふらふら、あっちへ行き、こっちへ行きしているのを、もう1羽がずっと後をついてまわっちゃってhappy01 ほほえましいわ~heart04

そんな初夏の日も過ぎつつあり、6月も今日で最後。HPを夏ヴァージョンにせねば!…ということは、子猫の写真を更新しようと思ったけど、作業が増えたということねcoldsweats02 無理だ…少し、お時間くださ~いsad

ということで、また撮影した写真が無駄になってしまいましたbearing 子猫情報も含めて、ここでまた披露しましょう。Blog_150630_4_5
2月18日生まれ、Litter91オリヴィアの1番くん、保留にしていましたが、里親さんを募集することに決めた矢先、ご縁があって里親さんが決まりました。お名前はNuts(ナッツ)くんです。

Nutsくんのオーナーさんは、実は3頭も決めてくださいましたcoldsweats02
Blog_150630_5
この子は、HPからは下げていましたが、昨年9月7日生まれの女の子です。お名前はMilk(ミルク)ちゃんになりました。いつもご見学の方に甘えて離れないような甘えん坊で、しかも優しい性格抜群さんですが、なぜかここまで紆余曲折ご縁がなかったのでした。でも、この性格のよさをいっぺんに気に入っていただけて、この子が最初に決まったのでした。結局、素晴らしい里親さんにご縁があって、私も本当に嬉しいです。

Blog_150630_6_2そして、4月17日生まれ、Litter93の3番くん(写真中央)は、お名前Ten(テン)くんになりました。写真向かって右側1番くん、左側2番くんは、引き続き、里親さん募集中です。抱き上げると、だらっと手をたらしたままのおっとりさんで、とても扱いやすい子たちです。人にもフレンドリー。ギルガメッシュの後胎ですが、ギルも本当に穏やかで甘えん坊の性格花丸くん。この組み合わせは、うちの黄金…でも、ウェンディも、もう8歳なので、もしかしたら、これが最後になるかもですweep

さて、今日のトピックスは「首輪」

「常識の非常識」がなんだか気に入っちゃってwink またまた、世間の常識にメスをいれようかと…なんて、実は最近、ネットでは「猫に首輪」は議論が二分しているようです。

オーナーさんから、いただくお写真、とても楽しみにしています。でも、ときどき首輪をしているお写真が届きます。前は「首輪してるんだぁ…ストレスなのになぁ」ぐらいの反応でしたが、最近は、かなり明確な反対派になりつつあります。

災害、脱走を想定しての首輪。でも、だからこそ、首輪はしないほうがいいんです。特に、子猫に首輪はあかん!coldsweats02 ここで、いろいろ書くより、このサイトをご覧ください。また、そういうことなので、「安全首輪をしています」という方もいるようですが、安全首輪をしていたのに、なぜか外れず、ふきん掛けに宙刷りになっていたという記事も見たことがあります。(ここに紹介しようと探しましたが、なぜかみつからない)

脱走したときのことを考えるよりも、脱走防止に命かけましょう! 災害っていったって、福島のときのことを思えば、むしろ首輪は無意味です。首輪がないと保健所で殺処分になるというなら、災害で猫がいなくなったら、保健所に行けばいいんです。

マイクロチップという手もある…けれど、これに関しては、私は情報不足。いいんだか悪いんだか?? 少なくても、首輪するよりはいいかもしれない…とは思いますが。

とにかく、なんでも、安直に「みんなしているから」とか「そういうものだから」と、漠然としたノリで選択しないで。よくよく考えて、それでも、やっぱり首輪というのなら、それは仕方ない。考え方はそれぞれだから。…でも、危険だと思うよ~coldsweats02

2015年6月10日 (水)

難しい…(>_<) 再び、ワクチン接種について…少し修正

Blog_150610_1 数日前の早朝。風もなく、田植え前の水田にはられた水が鏡のように建物を写し、小学校の校舎は朝日で染められて、とても美しい風景でした。思わず撮影。私の腕では見たようには撮れないですがdespair

掃除の間、部屋を自由にしているはるちゃんも、この風景に見とれているのか、ずっと窓辺に…と思Blog_150610_2 ったら、カラスとにらめっこしてましたcoldsweats01

そして、子猫情報をひとつ。Litter90 ヴァナディスの一人娘のオーBlog_150610_3_2 ナーさんが決まりました。 市内のけっこう近いところにお住まいの方です。
それにしても、毛ぶいているのはいいけど、ヨレヨレすぎwobbly ちゃんとシャンプーして、ピカピカにしてお渡ししますからsweat01

さて。今回もワクチン接種のことです。

前2回の記事は反響が大きかったです。「知らなかった」「勉強になった」等のご感想から、ご自分の経験をお知らせくださる方、今後はどうしよう的な戸惑い、獣医さんからは毎年接種するようにと言われているが…等々、いろいろなお話がありました。

ほかのブリーダーさんからは、オーナーさんと獣医さんの関係が悪くなるキッカケになるような余分な情報は発信しないほうがいいというご意見もありました。まさに、その点がネックとは思っていたので、重く受け止めています。

それでも…。

二度目の接種で免疫介在性貧血を発症した子は、発症からよくなったり、悪くなったりしながら9か月。いまだに、一日5錠のステロイドを毎日飲まなければいけません。オーナーさんからいただくメールには、毎回、どんなにこの子が可愛いのか、どんなに懸命に生きようとしているのかが綴られています。そんな子に、ご自分の手で毎日5錠ものステロイドを飲ませなければいけない悲痛な嘆きが、文字にはなくても、痛いほど伝わってきて、涙がとまりません。二度と起きてはならないと、どうしても思ってしまいますweep

猫が具合が悪くなったとき、獣医さんだけが頼りです。その獣医さんの多くは、ステレオタイプ…といっては語弊がありますね…一般的に言われる2ケ月で初回ワクチン、一か月後に追加ワクチン、その後は毎年接種を推奨しています。
避妊手術においても、1年未満にワクチン接種がされていないと、手術をしないという獣医さんもいます。具合が悪くなれば、ワクチン接種はどうしたと当然、聞かれます。

ブリーダーから追加接種はいらないと言われたなんて聞けば、獣医さんとしてはannoyですよね。

飼い主さんの意向を尊重してくれる獣医さんがいいに決まっていますが、現実には、獣医が勧めるワクチンを拒否すれば、「知識もないくせに、知ったふうなことを」と思われ、扱いにくい飼い主という印象を与えてしまいそうです。猫が本当に具合が悪くなったときに、獣医さんに行きにくくなる状況は最悪です。

一方、ワクチン接種の副作用が起きる確率は低いのも事実。

でも、万に一つの確率であろうとも、それが自分の猫にふりかかることがないとは誰も言えません。ビクビクしながらも接種しなければ、獣医さんとの良好な関係が築けないとしたら、それもまた、おかしな話のように思います。

ただ、オーナーさんを困らせることは本意ではありません。
先住猫さんがいらっしゃる場合には、「未接種でお渡し」なんて、現実的ではありません。

考え方に、もう少し柔軟性を持たせ、ワクチン接種について、少々、修正を加えました。

【基本対応】

・70日齢で3種生ワクチンを接種。2週間ほど様子をみて、お渡し。

・ただし、推奨は4ヶ月齢での接種。オーナーさんのご希望で選択。

・追加接種、翌年以降の接種については、オーナーさんの判断を尊重。

まず、「生ワクチンか不活化ワクチンか」の選択については、情報がいろいろすぎて、どうにもなりませんcoldsweats02

獣医さんのブログなどを見ていると、獣医さんの実感としては、不活化ワクチンよりも生ワクチンのほうが副作用が少ないという記事が目につきました。一方で、生ワクチンの保存剤はアレルゲンになる可能性があるとか、一過性のアレルギーが起きる可能性があるとか、病原性の復帰・変異の可能性があるとしている情報もあります。

参考;
不活化ワクチンといっても、例えば、ピュアバックスはカリシ2種が不活化(アジュバンドなし)で、パルボ、ヘルペスは生です。そして生ワクチンといっても、メーカーも種類もたくさんあります。一概に、「不活化」「生」でいい悪いは言えないように思います。個別に検索かけていくと、獣医さんが経験上副作用がないとして採用しているワクチンが、ほかのブログでは死にかけた事例の接種ワクチンとして出てきます。…はぁ…疲れたsweat02

しかしながら、調べれば調べるほど、不活化ワクチン、そしてピュアバックスの問題が目立ちます。病院で採用されている割合が多いからかもしれません。
不活化ワクチンは、昔からアジュバンドが繊維肉腫の原因になっていると言われていましたが、アジュバンドを使わない画期的な不活化ワクチン ピュアバックスが誕生し、以来、うちでもこのワクチンを子猫に接種していました。確かに、接種後に発熱したり、関節炎を起こしたりすることはなくなりました。でも、もっと深刻な問題が起きたのは、この新しいワクチンになってからのことです。

そうした理由から、やはり、うちでは、3種生ワクチンを選択します。

生ワクチンは、母体移行抗体がきれていればという前提条件つきですが、一度の接種で充分とされています。

では、移行抗体は、いつ切れるのか。

これが問題なのです。母体からの抗体がきれる時期は、個体によって大きく幅があります。ネット上では情報すら不足していますが、8~14週といわれています。

生ワクチンは、特に移行抗体の影響を受けやすいのが欠点のひとつです。つまり、抗体が残っている時期に接種しても無駄になる可能性がある。一般的には2ケ月齢で接種してしまう病院が多いので、生ワクチンだと発熱等の影響がないという記事には、もしかして、移行抗体が残っていてワクチンが無力化しているせいではないかと思ってしまいますcoldsweats02

抗体がきれる時期が特定できず、充分に抗体がきれる時期をねらって接種するにしても、その間に猫風邪ウィルスに感染したら、元も子もありません。えいやーdashで接種するほかはない。

本当は4ヶ月(16週齢)ぐらいで接種すれば安心ですが、早くから決めてくださったオーナーさんを、そこまでお待たせできません。それで、70日(10週齢)で接種し、2週間ほど様子をみれば、約3ヶ月齢でお渡しできます。生ワクチンは1週間ほどで抗体が産生されるので(不活化の場合は3週間かかる)、お渡しする頃には、パルボ、カリシ、ヘルペスについては感染防御可能な状態になっているでしょう。
先住猫さんのいないお宅であれば、しっかり移行抗体のきれる4ヶ月以降での接種のほうが安心かもしれません。

また、一度目の接種のとき、もしも抗体が残っていたら…と、どうしても、ご心配のオーナーさんは、二度目を接種すると思います。

この二度目の接種については、有益性と危険性をはかりにかけて、ご自分で決めていただきます。翌年以降の接種も然り。

3種生ワクチンは、これまで接種したことがないので、しばらく様子を見る必要がありますが、順調であれば、70日齢接種2週間待機を、80日齢接種1週間待機に移行していきたいと思います。

世間の常識といいながら、ワクチンのことは、結局、常識といえるほどの共通の認識などありませんね。正解もない。肯定派も否定派も、不活化ワクチン推奨派も、生ワクチン推奨派も、みんな自分だけの正解を信じているだけです。

なら、えいやーdashです。えいやーっと、前に進んでみるしかないですよcoldsweats01

2015年6月 1日 (月)

当面…ワクチン接種の基本方針(2015/6/10加筆)

Blog_150601_1ショーの予定もないこのごろ、真面目にHPを更新しなくちゃと思いながらも、あれやこれやと忙しく、はかどりませんwobbly

そうこうしているうちに、5月22日にせっかく撮影したのに、早くも1週間たってしまって、結局写真を公開できずcrying

しかたないので、ここにひとつだけ公開しておきます。4/17生まれの3頭。45日齢。一番可愛い時期ですよheart01よく食べ、よく遊び、よく寝て、すくすく成長中。運動会も、だんだん激しくなってきましたhappy01

ひとつ子猫情報です。3/15生まれのブリュ・クォーツの一人息子Blog_150601_2_2 のオーナーさんが決まりました。

お名前は「Tetsu(テツ)」くんです。もうすぐお引越しですhappy01

さて、今回のメイン記事は、前々回の続き、ワクチンの有害性について。

前々回の記事はこちら

ワクチン接種について、自分の中の正解をみつけるために、たくさんのサイトやブログを検索しつづけています。
ワクチン批判に対する獣医さんの批判も、なるほどと思うものもたくさん読みました。反対に、獣医さんの立場で、ワクチンは接種しなくてよし、としているブログの記事もあります。

「猫のワクチン接種は法定ではないのだから、接種するもしないも、飼い主さんが決めればいい」

そのとおりです。接種してもしなくても、その結果については自己責任ということ。

繊維肉腫や癌、免疫介在性貧血、FIP、てんかん、さまざまなアレルギー症状。それ、すべてワクチンのせいだというのは、どうかな~??って思います。
実際には、何も起こらないケースのほうが圧倒的に多いです。それは確かに言えるのです。

でも、自分の中の「有害かも、有害に違いない」という思いを無視して、普通に接種し、オーナーさんにも二度目の接種を推奨できるほどの根性はありません。

じゃあ、どうしたらいいのか。しばらく考えて、当面、何か問題が起きるまでは、次のような方針でいくことにしました。

【Herbalmeowとして推奨するワクチン接種】
※この基本対応は、この後少し修正しています。こちらをあわせてお読みください。(2015/6/10)

6ヶ月齢未満の子をお譲りする場合、未接種でお渡しし(6ヶ月齢を超えていれば、こちらで接種)、4ヶ月齢から6ヵ月齢までの間に3種生ワクチンを接種する。この後は、接種不要。あるいは、3年に一度の接種。

どうしても、こちらでの接種を希望される場合は、70日齢かつ体重1kg以上の条件をクリアした後、生ワクチンを接種。この後の接種は、オーナーさんのお考えにお任せする。

生ワクチンが本当にいいのか、生涯で一回のみの接種で本当にいいのか、本当はわかりません。獣医さんも、猫の飼い主さんも、いろいろな意見、お考えをお持ちです。どの意見が正しいのか、正解はこれだと確信できるものなんて、どんなに探してもみつかりません。

免疫介在性貧血になった子のオーナーさんから、久しぶりに今日メールをいただきました。いまでも、大量のステロイドを毎日飲ませているとのことweep もう、二度とこのようなことが起こらないように、私のできることをせねば…。

それにしても、いろいろ検索していると、獣医さんで「3年に一回でいいなんて情報は見たことがない」なんて言っている人がいるけど、日本獣医師会のワクチネーションプロトコルなんて、思いっきり公開されてるのに。そうそう。この獣医師会の記述の中に「ワクチンから1-2カ月で免疫介在性溶血性貧血や免疫介在性血小板減少症が起きることがある」って書いてあるけど、それでも8週齢での接種を推奨なのね。…そんな幼齢で貧血なんて起きたら、確実に死ぬしshock