フォト

リンク

無料ブログはココログ

HP更新情報

2018年4月 6日 (金)

いい季節になりました…が、フード問題は続く

Blog_1804061 Blog_1804062_3 桜は満開時期を過ぎましたが、いい季節ですね~confident あまりに気持ちいいので、近所の浜松市緑化推進センター、通称「飯田公園」に散歩に行ってきました。そんなことしてる暇あったら、早くアルバム寄こせという声も聞こえてきそうですが、すみません。お許しをcoldsweats01 近くのミニストップでおやつを買って、公園のベンチに座って、しばしなごんでおりました。桜が風に散って、ときどき桜の花びらが舞い、1時間ぐらいのことですが、なんとも美しい午後を過ごしましたよ。

抗癌剤治療も中盤を過ぎましたが、ここにきて、また調子が悪くなり、医師にお願いして、一週間のお休みをもらいました。なかなか順調とはいかないものですね、何事も。

6月に欠品していたニュートロのブリーダーパックが解除になるとのことですが、注文殺到のうえ、すぐに欠品になりそうですな。もう、うんざりです。信用もおけないし。まだまだ、ニュートロの代わりになるフードを探しています。そこそこ品質もよく、コスパがいいものでないと続けていけない。難しいです。

前回の記事を読んでくださった方から、カナガンやモグニャンがラクマとかメルカリでも買えますよという情報をいただきました。ご親切な方です。

そして、高たんぱくフードによって具合が悪くなった猫ちゃんもいたとの情報も。結局、すべての猫にあうフードはないのかもしれませんね。かかっていた獣医さんは、高たんぱくフードに否定的なようですが、多くのブリーダーが通う、ある獣医さんは「生肉を食わせろ」とキャットクラブの獣医師セミナーで訴えたり。獣医によって、こうも意見が違うものかと思いますが、どちらも研究者でもなければフード開発に携わっているわけでもなく、フードに関してはプロとはいいがたい人たち。話半分でとらえたほうがいいですね。少なくても、調子よく、ご機嫌で食べている猫ちゃんもたくさんいるフードで具合が悪くなるとすれば、あくまでも個体の問題。フードが悪いわけではない。

うちのイッサは、吐く、下痢を定期的に繰り返していました。IBDだとわかったのは、かなり後のこと。その間、可哀想に、とても苦しい思いをさせてしまいました。症状が始まると、食欲廃絶状態になり、2週間ぐらいすると、ある日突然、復調してご飯を食べ出し、コロコロのうんちをするようになります。意味がさっぱりわからなかったのですが、ドライフードを食べなくなって身体の中から全てでてしまうと、調子がよくなっていたんですね。後で納得です。とても有名なブランドのフードでそうなりますが、あるグレインフリーフードでもなりました。なにが悪いかはわかりませんが、ニュートロは大丈夫なのです。実は、こういう話よく聞きます。なので、ニュートロをおすすめしているんです…が、欠品するのは致命的sad

実は、ニュートロ欠品後、ブリスミックスというフードも使っていました。内容がすごくいいです。アガリクスとか使っているし、なによりEF2001というアレルギー対策になる乳酸菌を使っています。

乳酸菌サプリメントのマイトマックスを以前おすすめしましたが、あまりにも高いので、JINというEF-2001乳酸菌サプリメントを使ってみたことがあります。飲ませづらくて、続きませんでしたがwobbly

フードに入っているならVery Good! 使ってみました。ところが、乳酸菌の影響で、お腹がゆるくなる子が続出。しかも、時間差でくるので、猫部屋はとんでもないことにshock しばらく頑張りましたが、ついに挫折。そして、店販用のニュートロを購入したという経緯です。

でも、多頭飼いのオーナーさんにおすすめしましたが、食いつきもよく、便も崩れないとのこと。なぜ、このような差があるかは不明ですが、そちらには合ったということでよかったです。

なかなか、うちにぴたりと合うフードがありません。結局、コスパもよくないと、オーナーさんにおすすめできないんです。いくらよくても、モグニャンも高すぎて、とても無理。たとえ、うちで使えたとしても、オーナーさんには続けてもらえないです。

ほかにも情報がないわけでもないので、またいいフードがみつかったら、ご報告しますね。フードジプシー、まだまだ続きますbearing

3月28日、30日に子猫が産まれました。一ケ月齢から募集を開始します。サイトへのアップは、目が開いてから。もうすぐ目が開きます。なかなか可愛い子猫たちです。お楽しみにhappy01

2018年1月 7日 (日)

2018年 とっくに明けましておめでとうございます(^^ゞ

今日は7日。「七草の日」ということで、大病をした身ですので、無病息災を願って、七草粥をつくりいただきました。
そんな今日は、正月も終わり、松も外される日。あいかわらず、ブログも更新できない日々を過ごしていまして、新年のご挨拶もできず、申し訳ありませんsad 年賀状いただいていますが、どうにも年賀状のお返しができそうもないです。ごめんなさいsweat01

義母が先月21日に退院して、ケアマネさんや訪問看護士さんたちとの打ち合わせ、歩くことが難しい状況での通院やら、訪問診療の対応やら、目のまわる忙しさ。加えて、年末から、なんと、近くに住む父親の面倒まで見ることになってしまいました。TVがつかないと、一生懸命、リモコンのボタンを押していましたが、「とーちゃん、それは電話の子機だよ(爆笑)」…半分ボケておりますwobbly 2010年に引っ越して以降、正月らしい正月は過ごせていません。やれやれ…wobbly

Blog_1801071 12/1に産まれた子猫の募集も開始していますが、サイトが追いついていません。でも、間もなく、アップ予定です。レッド、クリーム、ブラウン、三毛とカラフルな子猫たち。子猫部屋に入ると、よちよち走り寄ってくる、めちゃ可愛い子たちですheart04
2番くんだけ決まりましたが、他3頭は絶賛募集中です。HPの子猫情報をお待ちくださいhappy01

Blog_1801072 抗がん治療のことも触れておきましょう。あまり役にたつようなことになってもらいたくないですが、ふたりにひとりは癌になる時代ですから…。
私が処方されている抗がん剤は「ゼローダ」という飲み薬です。2週間毎日飲んで、1週間休みという3週間を8クールで6ヶ月間の投薬になります。吐き気止め、下痢止めを含めて、こんなにたくさん飲むんですcoldsweats02 よく知られている髪が抜けるような副作用は、あまりないらしいのですが、ゼローダは、手が赤く腫れる、がさがさに荒れる、しびれるという副作用があります。あとは、下痢と吐き気。副作用は、飲んでいるときには感じませんでしたが、休止中に少し気持ち悪くなったりしていましたが、ここにきて、手が赤く腫れて、しびれと、ひどいアカギレがでてきましたshock このときは気づかなかったのですが、写真を見ると、すこし赤みがでてますね。まあ、薬が効いている証拠ということで。

もうひとつ、可愛い猫グッズを購入したので、ご紹介を。抗がん剤の影響で白血球も少なくなるそうなので、風邪をひかないよう加湿器を買うことに。探していたら、めっちゃかわいいの見つけましたhappy02
Blog_1801073

可愛いいよね~lovely
ここで買えます。

2017年8月 7日 (月)

山をひとつ越えました。…が、まだまだです

Blog_1708091_2 ただいま深夜2時。あいかわらず、PC相手に頑張っています。ちょっと、息抜き。ブログを更新することにしました。まずは、ほっこり可愛い子猫の写真をどうぞhappy01 がたがた大忙しの間も、子猫はどんどん成長して可愛い盛りです。5月28日生まれの子猫は、一昨日ワクチンに行ってきました。

アワードカタログは、やっと先日入稿されました。なかなか、キツかったです。まともな睡眠時間を確保できず、仮眠だけの生活をぼぼ3週間。でも、だめですね。効率悪いです。4時間は寝ないと、結局、仮眠をとっても復活できません。おかげで、ちょっと痩せましたがcoldsweats01 私は寝ないのが一番痩せられます。

いつもメガシャキを2ケース大人買いしていますが、今回は、これに備えて、メガシャキVにBlog_1708092 してみました。これは効きますよ。高いけどsad 運転するときなど、必ず持っていきます。睡魔に襲われすぎて危ないんで。 一日一本と書いてありますが、まあ、3本は飲まないようにしています。極力。

今回はメガシャキの紹介で終わるかな?
いえ、そういえば、もうひとつ。

ORICON NEWSに「どうぶつピース」の紹介記事が掲載されていまして、うちの子猫の写真が使われています。ちょっと、のぞいてみてください→こちら 4枚のうち、最初の3枚がうちです。

さてさて、作業に戻ります。なんとか、朝までにサイトを更新できたらいいな。今日は午前中に同居の義母を、ちょっと遠くの病院まで連れて行かないといけないし。台風の影響で雨が振りそうなのが心配ですdespair
頑張ります!


2017年7月15日 (土)

なんとかサイトを更新しました

Blog_1707151Blog_1707152 我が家の新人さんです。このたび、晴れてお父さん、お母さんになったふたりの紹介をサイトにアップしましたので、よかったら、見てくださいね。

左はジュピターくん。キレイに開いた耳が自慢なのに、シャイすぎる性格で、せっかくの哲さんのプロショットもこんなんですsad

右はサマンサ。毛ないですね~coldsweats01 でも、子猫たちはけっこう、ふさってますよ。

なんとか、早朝2時頃、サイトを更新しました。次の更新は間違いなく8月に入ります。

アワードカタログの製作に入りました。まとまった睡眠時間がとれず、辛くなったら仮眠をとる…という生活が始まりましたcoldsweats02 が、歳感じます。掃除をしていても、最初から膝が笑っております。本人は全く笑えない状況ですが。

そんな事情で、子猫のご見学は8月にならないとお受けできないです。ごめんなさいbearing

気分転換にブログぐらいは投稿したいけど、どうなることやら…。

あ。これだけはお伝えしなきゃ。暑い毎日。ご本人もペットも、熱中症には本当に気を付けて。命の危機に直結します。

特に、猫をキャリーに入れての移動は、マジで注意sign01 車だからといって、油断しないで。知り合いの方が車でショーに行き出陳しましたが、まったく謎ではありますが、猫ちゃんは翌日亡くなってしまいました。獣医さんによると、熱中症の症状とのこと。

以前、キャリーに入れる保冷剤を自作するアイデアを紹介しました。こちらです。是非、もう一度、ご覧になってください。水を多めに入れて、厚めの板氷をつくるようにするのがポイントです。薄くつくると、すぐ溶けてしまいます。

冷凍庫に常備しておいてください。猫が具合悪くなって、急遽獣医さんへ走るときも、すぐにキャリーに入れられて便利です。

必ず、夏の移動には保冷剤をsign01お願いしますsweat01

2016年8月18日 (木)

3ヶ月ぶりだよ~(@_@;)

Blog_160817_1_2 見て~sign01激かわlovely テンションあがるわあ(笑)

HPは1ヶ月、ブログは実に3ヶ月も放置して、なにやっとんじゃいsign03…なんて怒られそうですが、いや、別にのんびりお茶しにいったわけではないっす。

今度の日曜日、TICA Asia Regionのアワードパーティがあって、いつもは入賞しても行かない主義ですが、まあ諸所の事情により、今年は参加します。参加するとなると、お世話になった方などに入賞のお祝いやら、いつもありがとう的なちょっとしたギフトが必要になるという、業界色の濃い事情により、細々、プレゼントの品を手配しています。

で、「いもねこショップ」に、注文していたクッキーを引取にきたわけ。そしたら、まー、可愛Blog_160817_2 いケーキにやられてしまい、結局、ケーキセットを食してしまいましたhappy02 お店で左側のいちごと抹茶のブランをいただいて、右のねこちゃんプリンとショコラをお持ち帰りしました。このプリンのカップも激カワheart04

もう、ず~っと忙しくて、大変だったんだから、このぐらいの息抜きは許してほしいです~bearing

子猫のお渡しも始まった頃、思ってもいない大きな仕事を依頼されてしまいましたcoldsweats02 アワードパーティに配布されるカタログの版下製作です。入賞した猫の写真を、それぞれの情報と一緒に掲載する本なのです。一年、キャットショーを頑張った証のひとつにもなる大事なものなので、それはもう、とても素敵に作らないといけないわけで。本当に大変なんです。

睡眠時間2~3時間、あとは耐えられなくなったときにとる仮眠だけの日々が2週間近く。歳ですね~。無理が効かなかったです。いまだに、後遺症をひきずっていますbearing

5~6月に産まれた12頭の子猫たちも、徐々にオーナーさんのお宅にお引越ししています。その準備もまた大変で…。なかなか追いつきませんsad

そうこうしているうちに、13日から今日までに、たくさん子猫も生まれて、ちょっとあせっています。まだ、アワードパーティの準備も全くできてないし~shock ほんと青い…。

そうばっかりも言っていてはいけないので、明日ぐらいにはサイトも更新するつもりです。頑張ってるよ~sweat01

ところで、今回行った「いもねこショップ」は前に紹介した「いもねこカフェ」とは別の場所にあります。浜松なんて、用はないかもしれないけど、たまたま浜松に来ることがあれば、是非、寄ってみてくださいなhappy01 猫好きさんは結構、テンションあがると思う。

それにしても、いままで気づかなかったのですが、いもねこって、福祉業事所だそうです。Blog_160817_3不登校や発達障害のある子供たちを支援しているそうです。テーブルにあるメッセージに心打たれました。

「認め合い ゆるしあい 支え合う バリアフリーな社会をめざす」

優しいな~confident 心身ともに疲れていると、とても沁みる素敵な言葉。…というわけで、サイトどころかブログさえなかなか更新できない私のことも、許してね~catface

2016年3月22日 (火)

空前のノルブーム!? ペットショップで65万円だって(笑)

Blog_160322_1_2 HPどころか、長い間、ブログもお休みしてしまいましたsad

そうこうしているうちに、いつのまにか蛙がゲコゲコ大合唱の季節になりました。子猫たちも無事成長し、12/31の子猫たちは3頭がお引越しを済ませました。残るカールくんと1/21生まれの子猫達も4月上旬までにお迎えの予定です。寂しくなります。

最近、まわりから、「猫ブームなんだってね。よかったね」「ノルウェージャンがブームらしいね」という声がよく聞かれるようになりました。いまひとつ、実感はないけれど、そういえば、あっという間に決まってしまった…かも??…ぐらいな感覚。


「ずっとお知らせしたくて…」別件でお電話くださったオーナーさん。
「東京のペットショップで、ガリガリで、少しも可愛くないノルが65万円でした」だってcoldsweats02

まあ、やっぱりそうなんだと思いましたよ。

実は、うちのようなブリード活動していると、とんと縁のない類のショップの世界の話が耳に入ってきていました。

犬猫のセリ市で、ノルの子猫が19万円で落とされたらしいです。

セリ市って、わかりますか?ペットショップは、そういう場所で商品となる生体を仕入れます。野菜のように、子犬や子猫が競り落とされているそうです。

私がブリーダーになる前、最初に飼った猫は新聞広告で2万円で売られていたアメショーです。笑うでしょcoldsweats01

そのとき、ブリーダーは「ショップへの卸も2万。だったら、一般の方にお渡ししたい」と言ってました。当時、アメショーはブームも下火。ショップでは、大体、12万円、安ければ7~8万円で売られていました。そうか、卸値の4~6倍なのね。

というわけで、セリ市で19万円なら、ショップで65万円は当然の金額です。
だけどね…。
そんなところで猫を売っている輩は、「シロブリ」とか「産ませ屋」と蔑称で呼ばれる類の繁殖家です。

そんな連中がつくる猫が、末端価格で65万円って…。

生活のために繁殖しているわけではなく、いい猫をつくりたいと考えて、勉強を重ねて、ショー活動も頑張っているトップブリーダー、ショーブリーダーたちは、そんなブームに影響されることはありません。

でも、犬猫を売って生活の糧にしているような産ませ屋さんたちは、とれるときにとっておこうと、がんがん猫を増やし、子猫を大量につくります。

アメショーのときは、素人目にも、「これ、本当にアメショー??」と思うような、顔のとがった猫がたくさんショップに並んでいました。

スタンダードから大きく外れたペットタイプでも平気で繁殖に使った結果です。

手足が太く、顔がまるまるとしたところが可愛かったアメリカンショートヘアは、ブームと心無い繁殖家のせいで、すっかり可愛くなくなってしまった…と、哀しく思ったことを思い出します。

でも、そんな時代を経ても、ショーに出てくるアメショーたちは、素晴らしい形質を保持し続けていました。なにも哀しく思う必要なんて、なかったのです。

うちにお問い合わせくださる方も、ノルなら何でもいいというのではなく、ノルウェージャンの魅力にはまったとおっしゃる方ばかりです。

一昨日、車で3時間もかかるところから、3番くんをお迎えにきてくださいました。「本当は朝でてくればいいんだけど、嬉しすぎて、夜出発してしまいました」ってhappy01 中田島砂丘でお時間をつぶしておられたようです。若いっていいなぁ…confident

「お近くに、ノルのキャッテリーがいっぱいあるでしょうに」というと、近くには好みのお顔の猫がいなくて、検索し続けて、理想の子をみつけたと言ってくださいました。嬉しいことですlovely

この方たちのように、真剣に猫を探す方は、たくさんおられます。時間をかけてネットで検索し、お問い合わせして、3時間車を走らせても、お迎えにいらっしゃる。今回の子猫のオーナーさんたちの中で、一番遠いのは新潟の方です。秋田に転勤になっちゃったので、さらに遠くなってしまいましたが…coldsweats01

まあ、どうしてもいい猫がほしくて、浜松中のペットショップを探して回るというアホなことしていた私ですから、ペットショップで猫を探す人の気持ちもわからないではないです。

そんな方たちに、案外、知られていない事実をひとつ…。

実際、最近は田舎のショップでも25万だの30万だのという金額でノルが売られていますが、可愛い、可愛くないはともかく、それは本当にノルウェージャン・フォレスト・キャットですかねぇ。

ノルに限らず、猫の純血種は、その猫種を公的に証明することができるのは、米国の猫血統登録協会、The International Cat Association(TICA) と The Cat Fanciers' Association(CFA)だけということはご存知でしょうか。(参考リンク;「血統書とは?」を参照

よく、「血統書つきの猫」だなんていうけど、実は血統書なんてものには、さして価値はないし、なにかを証明できるものでもないんですよ。重要なのは、その猫の両親猫が、TICA、CFAのナンバー(血統登録)を持っているかどうかなのです。

50万でも100万円でも、売るのも買うのも自由だけれど…。
非常識な金額で購入したその猫は、もしかしたら、その猫種としての証明すらできない猫かもしれませんね。

ネットで検索していると、TICA、CFA登録の正規キャッテリーの猫は、そうでないブリーダーの猫より高いと書いているところが多かったですが、私の知る限り、そんなことはないですよ。キャッテリーのほうが、ずっと良心的です。

さておき。久々にサイトの更新作業をしています。実は、3月7日に子猫が産まれていて、Blog_160322_2_2 目も開いています。

なかなか、可愛いのだheart04

ギル×ニーナ。前回の胎は動物番組に出演した子猫たちです。うち一頭は、キャットショー の子猫部門でも頑張りました。今回も、めちゃ可愛いっす。お楽しみにhappy02

2016年2月 7日 (日)

ドライフード、猫缶…このままで大丈夫か?猫の食事(1)

Blog_160207_1昨年末12月31日に生まれた子猫たちが離乳食を始めて1週間。順調に成長していますhappy01

写真左端でお腹をみせているのは、ヴィキたん。昨年9月産まれのファルコンとヴァナちゃんの子猫です。ファルコンのお父さん業卒業にともない、うちに残ることになりました。両親の性格を引き継いで、めちゃくちゃ甘えん坊。そして、ちょっとアホです。coldsweats01

ここで、子猫情報。Litter101(12/31生まれ)の子猫のうち、1番くんと2番くんが決まりましBlog_160207_2 た。


Blog_160207_3_2 3番くん、4番くんは引き続き、里親さんを募集しています。お膝好きデュオですheart01                 

              



Blog_160207_4 そして、あらたに里親募集を始める子猫の情報です。

1月21日生まれ、ギルガメッシュ×ルチルの子猫たちです。今日、明日でサイトを更新して、募集を開始します。久々に、カラーの多い子たちです。




さて、今日のトピックは、猫の食事の話。これは案外、大きなテーマなので、小出しにしていきたいと思います。

ちなみに、「食事」って書きましたが、日本語的には「食餌」のほうがあっているのかも。犬や猫をペットって言うな的なことは、実はどうでもいい派ですが、あえて、ここは拘って、「食事」としたい

猫は肉食動物なのに、なぜにドライフードには、とうもろこしとか米などの穀類が入ってるんだろうか?

なぜ、この疑問が生じたかというと、世の中、食物アレルギーの猫が増えてきたからです。

症状は様々。下痢、嘔吐、皮膚疾患…。全部、食事のせいにもできないけど、肝臓疾患、膵炎、糖尿病。

猫の病気のことを調べていくと、行きつくのは、いつも「食事」

そして、ドライフードに疑問が生じたのは、キャットクラブの獣医師セミナーでの「猫には生肉を」というお話(実は、私は参加していないので、また聞きですがcoldsweats01)。

そうだよね。猫は肉食だもんね。

ちなみに肉食動物の定義をウィキで見てみると、「他の動物を捕食する動物」というのは誤解で、「生きた動物を食べる動物」のことを言うのだそうです。ここ、わざわざ訂正しているということは大きな意味がありそうです。

肉食だから肉だけを与えればいいが、加熱した肉では必要な酵素が壊れるので、生肉がいい…という話は聞いたことがあります。
でも、生肉であっても、死んだ肉は死後硬直により変化しているため、得られるはずの栄養素が得られないという記事(炭水化物の項を参照;わかりやすくて勉強になります)をみつけました。なので、炭水化物で補うことになったとあります。

これは、あるフードメーカーに疑問をぶつけてみたときに、返ってきた答えでもあります。「猫にも炭水化物は必要なんです」と言っていました。

ただし、その説明によると…。猫が捕食するねずみが食べて胃の中で消化中の穀類は、間接的に猫の体内に入ることになる。本来、穀類を消化できない猫だが、そういう形であれば消化できる。製法技術で、とうもろこしを消化できる形にしてドライフードに含んでいる。

ざっというとこんな意味ですが、正直、だからって、この分量必要??と思いました。

ある子猫フードの成分(保証分析値)です。

たんぱく質 34.0 %以上
脂質 16.0 %以上
粗繊維 3.2 %以下
灰分 7.9 %以下
水分 6.5 %以下
(でも、このフードも悪いものではないです。食いつきもいいし、総じて便の調子もいい)

これだと炭水化物の量がわかりません。猫のフードの成分について、ここが勉強になります。

炭水化物(%)=100-水分(%)-タンパク質(%)-脂質(%)-灰分(%)とのことなので、先の成分値から計算すると、炭水化物の量は35.6%。

…いくらなんでも、ねずみの身体の3割以上が炭水化物ってことはないでしょうよcoldsweats02

ネズミの体組成を調べてみると、炭水化物は1.2%とのこと。そうだろうね…。

結局、ドライフードの3割以上が炭水化物なのは、製法上の理由なのでしょう。「つなぎとして必要なんです」って言ってたもの。

それにしても、ドライフード中の炭水化物の量は多すぎやしませんか??

タンパク質だって、34%以上って、なっているけど、穀類にもグルテンというたんぱく質が含まれているんだから、しかも、「とうもろこし」とは別に「コーングルテン」って書いてあるからね~。

「タンパク質34%以上」のうちの、どれだけが動物性蛋白質かはわかりません。

そして、「コーングルテン」とかの植物性たんぱく質は猫に不要なんじゃないの??


(同フードの原材料)
家禽*ミート、、植物性分離タンパク**、動物性脂肪、とうもろこし、加水分解動物性タンパク、コーングルテン、植物性繊維、ビートパルプ、魚油、酵母、大豆油、オオバコ種皮・種子、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、P、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

そもそも、先に紹介したウィキでも「猫のような肉食動物は、糖新生の酵素活性が高く、タンパク質から分解されて得られた糖原性アミノ酸から糖新生を行って体内で必要な糖分を生成している」ってあるから、猫は肉たべてエネルギーにすることができるってこと。やっぱ、炭水化物は、少なくても、こんなにたくさん必要ないはず。

炭水化物の過剰摂取…ドライフードの大きな問題はこれではないでしょうか。


本来、肉食動物である猫なのに、3割も炭水化物が含まれるご飯を与えられて、それでも、なんとか消化できる個体はいいけど、そうでない場合、健康で生涯を送るのは難しいかも。

かといって、うちみたいな頭数だと、肉の生食を全員にあげるのって、経済的にも労力的にも無理wobbly ごめん、猫たちcrying

せめて、穀物フリーのフードにしてみようかな…なんて思って、食物アレルギーだけど処方食を食べてくれない子に、ある穀物フリーのフードのサンプルをあげてみたんだけど、その途端に、思いっきり下痢。便は、あきらかに消化されていない感じ。

悪いのは穀類じゃないの??違うの??じゃあ、なに??

わからない~bearing

ちなみに、ネットなどで猫のアレルギー検査をして、あれとこれが原因だったとかってあるけど、うちが通っている2か所の獣医さんによると、猫のアレルギー検査は、いま現在は有効な方法がないとのこと。でも1年ぐらいすると、検査ができるようになるという情報がありました。…いくらかな~1万?2万??なんとか5000円ぐらいでお願いbearing

2016年1月31日 (日)

薬を上手に飲ませるには

Blog_160131_1 前回の更新時に、再募集した子猫2頭も里親さんが決まり、お渡しも無事すみました。左の写真はオーナーさんからいただきました。

9/12生まれ、ライラの1番ちゃんはココちゃんというお名前になりました。

10/7生まれ、Qちゃんの4番くんは、いちごくんというお名前になりました。一期一会の「いちご」だそうです。

Blog_160131_2_2  子猫部屋は、しばしの間、静かになりました。掃除も楽でしたconfident …もつかのま、今日、新たに子猫の離乳が始まりました。

 12月31日にワンダが4頭の子猫を出産しました。父猫はハルクです。男の子ばかり4頭兄弟。明日、撮影し、HPにアップします。右の写真は1月19日撮影です。

 今年は暖冬…と思いきや、いきなり雪が積もったり、今日なんて、春がきたかと思うような暖かさ。気温の差が激しくて、猫たちも体調を崩すのか、ここのところ、オーナーさんからのご相談が多いです。

 風邪にしても、膀胱炎にしても、体調を崩して獣医さんにかかると、薬が処方されます。薬、上手に飲ませることができますか?

 ご相談のなかで、まいっちゃうな~と思うのが、やたらと粉薬にして処方されること。ウェットフードに混ぜて…ということだろうけど、食欲がないケースもあるし、ウェットフードが好きではない子もいるし、すぐに飲ませたくても食事の時間まで飲ませられない。まして、苦い薬が粉薬にされたら最悪bearing 

 もうずっと前の話だけれど、オーナーさんからの電話で、獣医で薬が処方されて、飲ませたけれど、口から泡をぶくぶくふいて、走り回って、おえおえしてますっshock って。オーナーさんもパニック。

 それは薬が苦いのよ、って言ったら「こんな苦い薬を平気でよこす獣医って、どうなんでしょう!pout」とおかんむり。まあ、気持ちはわかります。

 でも、苦くてもからくても、薬は飲ませないといけません。問題は、オーナーさんや猫のストレスに配慮せず、ただ薬を渡す獣医さん。飲ませられなかったら治療もできないんだから、少しは考えてほしいものです。

 錠剤を飲ませる方法はこちらが参考になります。

 錠剤の場合、飲ませた後に水をシリンジで飲ませたほうがいいです。薬をなるべく早く胃に落とすためです。食道にとどまっていると、炎症を起こす薬も中にはあるので。

 水の代わりに、コンデンスミルクをほんの少しの水でゆるくしたものを飲ませてもいいです。猫は大喜びするので、投薬を嫌がらなくなります。いずれにしてもシリンジが必要なので、獣医さんに分けてもらうといいでしょう。また、誤嚥(誤って気管にはいってしまう)に注意して、少しずつ舐めさせるように飲ませてください。

 もちろん、食欲があり、ウェットフードが好きで、薬は無味無臭…という条件が全て満たされていれば、粉薬を混ぜて食べさせる方法もOKです。

 さて、問題は、苦い薬のときです。毎日、泡ぶくぶくの刑ですよcrying 嫌われること必至です。

 苦い薬は、オブラートに包む方法もありますが、最近私は、カプセルを使っています。成猫なら1号のサイズで大丈夫です。薬が小さければ、その下の2号でもいいかも。

 苦い薬のときだけでなく、何種類もの薬を飲ませなければいけないときもカプセルに入れて、まとめてしまうと一回の投薬で済むので、猫のストレスも軽減できます。粉薬も、ウェットに混ぜてとか、水に溶いてとか面倒なので、カプセルに入れてしまいます。

 拡張型心筋症だったファーファには6種類もの薬を飲ませていました。朝晩2回。大変なストレスです。

 そこで、カプセルにまとめることを思いつきました。なにしろ6種類で、しかも大きな錠剤もあったので、カプセルは0号を使いました。ファーファは頭の大きな子でしたし、私も投薬には慣れていたので、その大きさでも楽勝に飲ませられました。朝晩、6回も口を開けさせて、飲ませられるより、ずっとストレスは少なかったと思います。食欲はあったので、ご飯の前に飲ませて、そのあと、ご飯をばくばく食べれば、水を飲ませる必要もありません。

 苦い薬を飲ませる必要があるときや、何種類もの薬を飲ませなければいけない方は、是非、やってみてください。

2015年12月30日 (水)

今年一年ありがとうございました。そして、ご報告

 

Blog_151230_1今日、今年最後の子猫のお渡しがありました。長野から、はるばるお引き取りにいらしてくださいました。とても素敵なご夫婦で、チーコくんには幸せな暮らしのスタートです。

Qちゃんの子猫たちは、なんだかモップのように毛ぶいていますcoldsweats01
モッパーズと呼んでいました(笑)

これほど毛ぶかなくていいのですが、それでも、モッフモフって可愛いheart04

13頭いた子猫たちも、チーコがお引越しして、4頭になりました。このうち、里親さんを募集Blog_151230_2 しているのは2頭です。モッパーズのナンバー4、10/7生まれ ブリュ・クォーツの4番くんです。人懐っこくて、仕草のかわいらしさは兄弟一。片目のアイラインが半分しか入っていないので、右目が小さく見えますが、目の形自体は、とてもキレイだと思います。

そして、もう1頭は、実はうちに残すつもりでしたが、事情により再募集です。9/12生まれ ライラの1番ちゃん。サイトでは、「ウルリカ」とBlog_151230_3_2 いう名前がついています。

女の子にしては、おとなしくて、優しく穏やか。そして、人が大好きです。とっても、性格のいい子です。女の子なのに…。

秋に生まれた子猫たちは、女の子が多かったのですが、みんな、人が大好きで、男の子も女の子も性格がとてもとてもよかったです。ちょっと大変なぐらい甘えん坊の子が多かったです。

ホームページが最近、滞りがちでしたが、なんとか明日、更新作業をと思っています。そして、年賀状は…。意気込みだけで終わってしまいましたcoldsweats02 やっぱり無理でした~crying いただける方には必ずお返ししますcoldsweats01

さて、今日は実は私にとって特別な日です。

皆さんにご報告があります。

今日はダルタニアンの一周忌です。

ダルタニアンは、昨年の今日、5歳7ヵ月の生涯を閉じました。
Blog_151230_4
亡くなったこと、なかなか受け止められず、みなさんにご報告もできませんでした。実は、いまだに引きずっています。

何種類もの薬を飲ませなければいけなかったので、少しでも投薬のストレスを減らせるように、ひとつのカプセルにまとめ、それを2週間分セットした薬ケースは、一年たってもそのままです。触ることもできないでいます。

何頭看取っても、その死を受け止められる場合と、できない場合があります。決して、愛情の差などではなく、状況や背景や、様々な要素があるのですが、ダルの場合は、いろいろな意味で喪失感が大きく、その現実から逃げることで、私は心の平穏を得ているような気がします。

胆管肝炎を患った一昨年、おそらく再発したのだと思いますが、今度はケトアシドーシスを合併してしまいました。

コントロールのきかない高血糖、退院してはケトン体が出て再入院を繰り返して、ついに治療を断念して、戻ってきました。獣医と話している最中に容体が急変し、駆け寄った獣医の口から「もう臨終です…」という言葉。昨日のことのような鮮やかな記憶。

臨終の苦しみの中、抱きしめると喉を鳴らしていたのは、苦痛を回避する本能による反応だったのかもしれません。…が、私の思いに応えてくれたのだと勝手に思っています。

結局、亡くなったのは退院から2日後でした。その間、トイレに入り、おしっこもしたり…。

治る病気と治らない病気があります。ダルの場合は、どうだったのか。全部で100万円ぐらいかけました。それでも、この結果。違う道を選べば、違う結果が得られたのかどうか…。

あれこれ考えても、仕方がないことです。ダルはもういない。

一日のほとんどをケージで暮らして、あげくに若くして亡くなってしまいました。可哀想な子ですweep

2015年12月 8日 (火)

苦渋の選択

Blog_151208_1子猫13頭。先日、なんと福岡から引取に来てくださった方にライラの2番ちゃんをお渡しして12頭になりましたが、まだまだ、お世話が大変ですwobbly

それでも、9月生まれの子猫までは全員決まりました。10月7日生まれのQちゃんの子猫も、2番くんと4番くんを残すのみ。

それにしても、今回の子猫たちは甘えん坊な子が多いです。人にものおじしないから、可愛いけど…大変です。戸の開け閉めから苦労しちゃう。子猫部屋の戸を開けた途端、飛び出て、ダッシュするやつcoldsweats02 かんべんしておくんなさいsad

Qちゃんの子猫はギルの子だから、おっとりさん。へそ天で寝ています。上の写真でバンBlog_151208_2_2 ザイしているのが2番くん、右の写真が4番くん。だけど、やっぱり、子猫。起きているときは、やんちゃに走り回っておりますですhappy01

Blog_151208_3

そして、今回のオーナーさんからのお写真は、2013/3/29生まれのミミちゃん(エン×ヴァナ)と、2014/8/29生まれのココくん(ファル×ライラ)のツーショット…っていうか、ミミちゃん、えらい迷惑そう(笑) 「ツーショットが撮れました!」って送ってくれたけど、う~んcoldsweats01 ツーショット…ね。
ココくんは、今期TICAのアルター部門で頑張っています。入賞するといいねhappy01

ここまで、ほんわかな話題でしたが、ここからタイトルどおりのお話。

Blog_151208_4 実は、11月末に、2日連続で猫を看取りました。

ララとフィーフィ。

ララは14歳。うちの最長老ですから、順番といえば順番。
ララは、うちで迎えた最初の女の子。本当に美しい子でした。火葬の業者さんが迎えに来てくれたとき、「うわ~。美人さんですね~」って、驚いていました。

トイレ砂を拾っては食べたり、部屋の中をぐるぐる徘徊したり、奇行が目立つようになってから1ヶ月もたたないうちに、突然、立てなくなり、2日後に亡くなりました。だから、痩せてもいませんでした。

あきらかにボケてましたが、それでも、抱っこをするとゴロゴロと喉を鳴らし、いつまでもそのままでいたがりました。忙しい私は、あまり長くそうすることができず、いつもながらに、充分なことができなかったと涙することになるのです。

猫は亡くなる前日ぐらいに、聞いたことのないような声で鳴くことがあります。哀しげで、不安げな声。身体の異変に不安になるのでしょうか。「まるで、明日死ぬのが悲しいと言っているかのような…」と『グーグーだって猫である』の一節を思い出します。

猫たちは、みんなララが大好きでした。みんなララに頭をなめてもらいたくて、そばにはりつBlog_151208_6 いていました。ララは本当に優しい、みんなの母猫のような子でした。惜しまれるのは、彼女の子猫を残すことができたかったことです。子宮蓄膿で摘出手術を受ける日、ララの姉妹が産んだ子猫をキャッテリーさんに求めました。それがウェンディです。

そして…ララが亡くなる前日には、フィーフィを看取りました。

Blog_151208_5_2フィーフィは、うちで生まれ、私が最初に残した猫です。ヨーロッパのジャッジさんに「ヨーロッパでも、こんなにきれいな鼻のラインをしたノルはいない」とベストに選んでもらったことが忘れられない思い出です。

そんな彼女は12歳。寿命には、まだ間があると思っていたのですが、左顎の口内に扁平上皮癌ができ、その最後は壮絶なものでした。
顎の骨はすでに溶け、口内に広がる腫瘍で食べることがかなり困難でしたが、相当までドライフードを食べていました。でも、咀嚼のときに口内を傷つけるのか、時々、激痛がありました。それでも、食器を血だらけにしながらも、よく食べていました。ウェットフードのほうがいいと思っても、かえってしみるのか痛がって食べられません。ケージの周りは、抜けた毛と血混じりのよだれと、時々、口内の肉片が飛び散っていました。

でも、ステロイドと痛み止めの注射を毎日するようになってからは、ウェットフードを水でといたものを、しばらくはよく食べていました。

でも、口内の腫瘍があまりにも成長し、上下の顎が、左右にずれてきました。そうなると、もう、腫瘍で口の中がいっぱいになり、食べ物は何も入りません。そのうちに、食べる気もなくなってきました。

ここまでの間に、2回ほど安楽死を決心して、獣医へ行くのですが、そのような状態になってさえ、フィーフィは診察台のうえで、ごく上機嫌に私に甘えてくるのです。この様子では、獣医さんは安楽死をとてもすすめることはできません。

ゴロゴロ喉を鳴らしていても、いえ、そんな状態ならこそ、安楽死をさせてあげれば、フィーフィは上機嫌のまま眠ることができたのですが、るんるんと甘えている彼女を前に、私も決心がつかず、結局、連れて帰ってきてしまうのです。

結局、フィーフィは3日効果が続く麻薬を3回貼った後に亡くなりました。ララが亡くなった前日です。ララとは真逆に、凄惨な状態でしたが、麻薬パッチのおかげで見た目ほどは苦しまなかったはずです。

過去、2回ほど安楽死を選択したことがあります。最初は、ネフローゼ症候群になった子。肺に水がたまり、おぼれたようになるのが可哀想なので、安楽死を決めました。

二度目はFIPを発症した子でした。神経麻痺がでて、歩くことも困難になったので、決心できました。

どちらも、私は楽にしてあげられた、あの子たちのために最善の方法を選ぶことができたと満足しています。

安楽死を選択して後悔は全くないのに、フィーフィの場合は安楽死を選ぶことができなかったことを、かなり悔やんでいます。

「自然が一番」と自分を納得させるためにも言っていましたが、そんなことはありません。一番なわけがない。人には許されなくても、ペットに許されている安楽死は、苦痛を回避する、とても優しい方法ではないでしょうか。

フィーフィは、私が決められなかったために2週間という日々を与えらることになったけれど、痛みどめの注射では、全く苦痛がなかったわけではなく、麻薬パッチでも身体が死にむかう異変への恐怖は感じなかったわけではない。

それでも、私と一緒にいられた2週間は、彼女にとって価値があったのだろうか…。そして、私は、このような状態になっても気のいい彼女と離れがたいために安楽死を選べなかったのか。

苦渋の選択を迫られ、安楽死を選べず、そして後悔する。つくづく、ダメな自分を責めるこの頃です。